スポーツ水分補給のポイント!

スポーツでは水分補給を上手におこなうことがポイントです!

特定のスポーツに限らず、朝のジョギングで一口水分補給をしてから始めるとか
フィットネスを始める前後の水分補給など身体能力と水分補給には密接な関係があります。

 

テレビでのマラソン中継などを見ると
水分補給がいかに大切かがわかりますね。

 

スポーツで上手に水分補給できていますか?

 

スポーツの種類や種目によって、あるいは運動時間によって体の水分発散量が違いますが、
スポーツの練習や試合などの時には、適度、適切な水分補給が必要となります。

 

運動による発汗によって多くの水分(1.0〜2.0kg)が発散します。
したがって、スポーツの前後や途中に適切な水分の補給を行うことが必要となります。

 

その水分補給でかつては、水が中心でしたが、今はスポーツ飲料に変わりましたが、
最近の研究では、水素水がとても良いということがいわれています。

 

水素水は、水素をたくさん含んだ水です。水素自体に代謝を高める効果がありますが、
水素水は保存するのがたいへん難しく、特別な容器などに入れなければすぐに容器外にでていきます。

 

多くのスポーツ選手なども利用している施設(スポーツジム、フィットネス練習場など)では、
水素水サーバーを設置してあり、多くのスポーツ選手が利用しています。

 

 

スポーツの練習や試合の時には、必ず水分を用意して、
快適に運動できるようにすることが望ましいでしょう。

 

水素水飲料は、厚生労働省が認可している安全かつ安心な食品飲料です。
過剰な摂取による副作用といった心配もありません。

 

一方、ミネラルウォーターやスポーツドリンクなども水分補給には効果があり、
多くの方が利用されていますが、水素水の場合、体の基礎代謝機能を高める効果があり、
体全体の活性化に効果があります。

 

さらに、普段から健康維持のために水素水を飲料することは、
スポーツ体力向上のためにたいへん効果があります。
現役のスポーツ選手だけでなく、高齢者がジョギングや健康スポーツに取り組む場合など、
健康を気遣うためにも水素水飲料をおすすめします。

 

水素水飲料を簡単に、いつでも活用できる水素水サーバーの利用が増えています。

 

ところで、水素水なら何でもよいのでしょうか?

 

そもそも水素水はどれでも同じという訳ではありません。
水素は逃げやすいという特性があり、より多くの水素を含む水素水が良いといわれています。

 

しかしアルミ缶・パウチやペットボトルなどにボトリングされている水素水の多くは、
水素溶存量1ppm程度です。まして、開封すると数時間後には1ppm未満になってしまいます。

 

いつでも高濃度水素水を飲料できるようにしたのが水素水サーバーです。

 

水素水サーバーは高濃度水素水を手軽に、しかも簡単に作れるのが特徴です。
また、アルミ缶・パウチやペットボトルを継続的に買って飲むより水素水サーバー本体は
コスト面ではるかに経済的です。

 

高濃度の水素水をご自宅だけでなく、スポーツの練習先やジョギングの時携帯して飲料したい
というためいつでもどこでも持ち運べ、スイッチ一つで水素水ができる
携帯タイプのポケットサーバーもあります。

 

 

 

・【携帯用水素水サーバー・ポケット】口コミレビュー

テレビ、雑誌で水素水に興味があり1週間飲んだ所、調子が良く継続したかったのですが、
費用がネックでした。
飲み続けることを想定し計算するとこちらの商品になりました。
TVや雑誌でも紹介されており、有名人も使っていることで安心と判断しました。
初期投資だけであとは安いのですが、初期投資が結構高いので安い所でアスリートボトルが希望でした。
ポイントアップでアスリートボトルでスプレーにアルミボトルと探したなかでももっともお得で、
サービス品の内容も一番必要で充実したものでした。
家族と一緒に利用出来て、調子も良く大満足です。

高価な品なので悩みましたが、やはりどうしても欲しくて購入しました。
一度充電するとかなりもつ(一週間くらい)ので、楽チンです。
大きさもちょうど良く、水を満タンにしてバックに入れて持ち歩いてもペットボトル同様くらいでそう負担は感じません。
持ち歩いたり洗ったり、使用していくうちに容器がどんどん劣化するのではないかと心配でしたが、容器自体もしっかりしていて、二週間使い続けてもキズや曇りは見当たりません。
水素の効果は目には見えませんが、身体の劣化防止に努めたいと思います。

水素水に関心があったのですが、どれを選べばよいか迷っていました。そんな時、こちらで目にし、出先でも水さえあれば水素水が簡単に補充できることや、メンテナンス面でも、フィルター交換なども不要であることから、低コストが決め手となり、購入しました。早速職場にも持参し、水分補給に活用しています。水素水自体の味は、他の製品と比べたことがないので、おいしいかどうかまだよくわかりませんが、水出しの緑茶を作ったところ、短時間でおいしく作れたので、お料理にも活用してみたいと思っています

 

 

スポーツ以外にも普段から水素水飲料を利用したいという方は
さまざまな用途に応じた水素水サーバーも選ぶことができます。

 

>>水素水サーバーの口コミ・ランキングを徹底比較

スポーツ水分補給のためのビタミンC

 

スポーツでは水分補給とともにビタミンCの補給が大切!

 

スポーツ選手は常に体調管理がポイントと言われています。
栄養補給などももちろんのことですが、水分補給としてのビタミンCの補給も運動には大切です。

 

運動やスポーツをおこなうことが抗酸化作用を強くするといわれています。
酸化とは、たとえばものがさびたり、くさってしまう現象のことで、
それら酸化をできるだけ抑えるのが抗酸化作用です。

 

運動やスポーツによって、酸素を体内に取り入れてエネルギーを作ります。
しかし、その過程で活性酸素も作りだされます。

 

活性酸素には「善玉活性酸素」と「悪玉活性酸素」があります。問題となるのは悪玉活性酸素です。
善玉活性酸素は体の中に入ってきた細菌、異物などを排除してくれますが、
悪玉活性酸素は体を酸化させる作用があります。

 

この酸化を抑える抗酸化作用の代表的成分がビタミンCです。

 

このビタミンCの栄養素が運動機能の維持や体力維持に大切な働きをするのです。
運動やスポーツ時には、通常よりもたくさんのビタミンCを体内に取り込んで
補給しておく必要があるのです。

 

そのような理由から、スポーツでは水分補給とともにビタミンCの補給が大切というわけです。

 

ビタミンCを体に補給するには、生野菜やくだものから摂取するのが理想的ですが、
最近は、サプリメントなども利用されているようです。

 

なお、ビタミンC食材としては、良く知られているようにミカン、レモン、アセロラなどの果物類、
ブロコリー、ピーマン、カリフラワーなどの野菜類が主なものです。

 

スポーツ水分補給には、水やお茶などよりもビタミンCや糖分、ナトリウムなど効果的です。

 

 

ところで、最近特に注目されているのが水素水です。

 

前述にように、身体を酸化・老化や病気の一因として起因する活性酸素ですが、
ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノールなどの酵素を多く含む抗酸化食品を摂ることにより
活性酸素を減らせることはよく知られています。

 

しかし同時に体に必要な善玉活性酸素までも減少させてしまうだけでなく、
消化吸収後の老廃物なども発生して酸化してしまいます。

 

そこで注目されているのが水素水なのです。

 

水素が他の抗酸化物質と違う最大の利点は、善玉活性酸素には反応せずに悪玉活性酸素とのみ反応して無害な水に変わる点です。

 

そうした水素の利点を活用した水素水を飲料すると同時に、
ビタミンCを体内に取り組むことができるようにしているのが、水素水サーバーアクティブビオ2です。

 

アクティブビオ2の場合、ビタミンC入りのスポーツドリンクを作ったとき6時間経過後の
ビタミンC残存率が91%と高い値を維持しています。

 

【アクティブビオ2】のご説明動画を参考にしてください。

 

【アクティブビオ2口コミレビュー】

今までは蛇口に取り付けるタイプの浄水器を利用していましたが、本体の汚れが目立つので汚れて困っていました。
カートリッジも定期購入で本体が交換できるものを使っていましたが、半年もすれば汚れてしまうので漂白剤につけて歯ブラシで細かいところも洗ってみたけれど洗いきれない箇所があったりして、いっそ使い捨てタイプでよいのが無いかと探したところこちらの商品を発見しました。
大型圧縮活性炭フィルターで優れた浄水機能を持つアクティブビオ2の交換カートリッジなら1年間に1度の交換で済みます。また、アクティブビオ2で作った水素水のスポーツドリンクなら6時間たってもビタミンCの残存率が91%と高いのでビタミンC入りスポーツドリンクを作って愛用しています。

 

水道直結型水素水サーバーアクティブ・ビオ2