水素水の副作用

水素水の副作用についてお伝えしています。

水素水が健康に良いということは、TVや雑誌だけでなく大学などの研究でも実証されていますが、
水素水を体に取り入れることは、本当に健康に効果があるのでしょうか?
あるいは美容効果があるのでしょうか?

 

健康とは、裏を返せば普段の生活において特段の支障がなく、心身ともに健全であることを意味しています。健全の度合いは、人それぞれですが、ちょっとした心身の異常にも強く反応す人とさほど気にしない人がおります。

 

病院での検診で明らかに異常であると判断された場合は、病気治療が必要ですが、持病やアレルギー体質といった軽度の症状の場合は医学的療法に頼ることなくなんらかの対処の仕方で健康を保つことができます。

 

水素水を体内に取り込むということは、そうしたなんらかの対処法で程度を軽減することができるという体験者の事例が多数あります。そのために、効果的な水分補強が水素水飲料なのです。

 

水素水は、水素がたくさん含まれている水のことです。
そもそも水素水は、水素水の摂取により水素水に含まれている水素が体内の悪玉活性酸素を体外に排出する役割があり、体の健康の維持やさまざまな病気の予防の効果的に作用することが実証されています。

 

悪玉活性酸素の最たるものは、「ヒドロキシルラジカル」という成分です。
この成分が、動脈硬化や各種梗塞はじめ、さまざまな生活習慣病の要因となっています。
また、肌のシミやシワなどにも悪影響を与え、老化の要因のひとつに考えられています。

 

水素水は常温では無色、無臭、無味であり、
水素が体に悪影響を与えるということはありませんし、厚生労働省が認可している
安全かつ安心な成分です。

 

水H2Oは水素2と酸素1が結合したものです。元来、水を飲むことは、体内に水素と酸素を取り込んでいるということです。水を飲むことは、なんら副作用はありません。

 

水素水を飲むということは、水素を含んだ水を多く体内に取り込むことです。
このことでの副作用もありません。

 

一般的事例として、ポリフェノールなどの抗酸化作用のある物質を体内に過剰に取り込むと、体全体に悪影響や異常をきたすことがありますが、水素水は副作用がないので過剰に摂取しても体に悪影響はありません。

 

そもそも水素水とは何か?こんな疑問を持っている方もいるでしょう。
一般的には水素の単体である水素分子のことです。
元素ならびにガス状分子の中で一番軽く、水や有機化合物の構成要素として存在しています。
この水素分子は常温や常圧では無色・無臭の気体で、非常に燃焼しやすく、また爆発しやすいといった特徴があります。

 

一方、水素水とは上記の水素分子を溶解させた水のことです。
水素分子には、老化やさまざまな病気の原因とされる「活性酸素」を除去する働きが
あることが知られています。
活性酸素には、善玉活性酸素と悪玉活性酸素があります。
このうちの悪玉活性酸素が体の健康を妨げる因子なのです。

 

水素水はこの悪玉活性酸素だけに反応して除去し体外に排出し、善玉活性酸素には作用しません。
この除去作用による医療・健康分野で幅広く研究されています。

 

最近の研究では、東北大学病院のNakayamaと整水器メーカー日本トリムの共同研究により
血液透析用水に水素水を活用することで透析患者の慢性炎症、酸化ストレスなどを
抑制するという研究結果もあります。
梶山内科クリニックの梶山靜夫らの研究では、脂質代謝異常、高LDL血症、耐糖高LDL血症、
耐糖能異常への有益性をあげています。
また、メディアでも有名になった日本医科大学の太田成男らは、ストレスによって抑制された状態の改善の有益性をあげています。
山梨大学教育人間科学部とパナソニック電工株式会社の共同研究では、水素を溶存させたとされる水素高溶存電解アルカリ水は、単に浄水を飲んだ場合と比較して活性酸素による生体内酸化ストレス値を有意に低下させることをあげています。
九州大学とパナソニック電工の研究グループは水素水がマウスの脳細胞の破壊を抑え、細胞を壊す原因とされる活性酸素も減ったことを確認しパーキンソン病などの予防の治療につながるのではないかと述べられています。

 

こうした研究成果により、水素水が悪玉活性酸素を除去する役割があるであろうと認識されています。

 

人は毎日の生活の中で人体に各影響を及ぼさない程度のかすかな量の悪性の酸素を体内に取り込んでいます。わずかな量の活性酸素ならば、抗酸化物質(ビタミンなど)で還元・無害化できますがこれとても限度があります。

 

ところが、日常生活での不摂生や偏った食生活、ストレスなどでも活性酸素は増え続けます。

 

ところで活性酸素とはどんなものでしょう。
活性酸素は、大気中に含まれる酸素分子がより反応性の高い化合物に変化したものの総称です。
一般的には4種類あります。
スーパーオキシドアニオンラジカル(通称スーパーオキシド)、ヒドロキシルラジカル、
過酸化水素、一重項酸素。
その活性酸素は、スーパーオキシド、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、という順に生成されます。

 

スーパーオキシドは酸素分子から生成される最初の還元体で、生体にとって重要な役割を持つ
一酸化窒素と反応してその作用を消滅させる役割を持っています。
ヒドロキシルラジカルはきわめて反応性が高く、活性酸素による多くの生体損傷は
ヒドロキシルラジカルによるとされています。
過酸化水素の反応性はそれほど高くなく、通常は生体温度では安定しています。
しかし金属イオンや光により容易に分解してヒドロキシルラジカルを生成するといわれています。

 

この生成された活性酸素は、1 日に細胞あたり約10 億個発生し、これに対して生体の活性酸素消去能力(抗酸化機能)が働くものの活性酸素は細胞内のDNAを破壊し,普通でもDNA 破壊の数は
一日に細胞あたり数万から数10 万個になりますが、このDNA破壊はすぐに修復されます。
白血球などは、体内の異物や毒物を認識し取り込み分解することはよく知られていますが、
この時に細菌などを分解するのに活性酸素がその役割を担っていることもわかっています。

 

前にお話ししたように、活性酸素には善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類あります。
つまり、善玉活性酸素(スーパーオキシド等)と悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)です。

 

善玉活性酸素は、 高い反応活性により外部から入り込んだ細菌・カビ・微生物などを殺菌・除去する役割を持っているために神経伝達や血管新生、免疫力向上などで生命維持に必要不可欠なものです。
一方、悪玉活性酸素は、非常に強い酸化力で酸化させて細胞に損傷を与えて身体を老化させ病気などを促進させる活性酸素です。

 

善玉・悪玉その両方の活性酸素を全て除去してしまうと免疫力が下がってしまうことになるので
酸化=老化させないようにするために悪玉活性酸素だけを除去することがポイントとなってくるわけです。

 

とはいっても、人間が生きていくためには、活性酸素による酸化=老化とは避けてとることはできません。
私たちは呼吸で取り込んだ酸素のうち約2%が、非常に強い酸化力を示す物質に変化し
活性酸素が発生します 。
また、環境汚染と言われる排気ガス・放射線・紫外線・水質汚染・大気汚染や異物混入としての細菌・ウィルス・カビ・タバコ、さらには激しいスポーツ、ストレス、病気などの影響によっても活性酸素が
体内で大量につくられます。

 

細胞内の酵素で分解しきれない余分な活性酸素は、生活習慣病や老化などのさまざまな病気の要因であるといわれます。
また、喫煙による活性酸素の増加が、細胞を傷つけ癌細胞を増加させたり、あるいはビタミンCの破壊を促進して美容や肌のシミ、くすみなどの原因となるメラニンを増加させてしまうことが一般に知られています。

 

身体を酸化・老化や病気の一因として起因する活性酸素ですが、
ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノールなどの酵素を多く含む抗酸化食品を摂ることにより
活性酸素を減らせることはよく知られています。
しかし同時に体に必要な善玉活性酸素までも減少させてしまうだけでなく、
消化吸収後の老廃物なども発生して酸化してしまいます。

 

そこで注目されているのが水素水なのです。

 

水素が他の抗酸化物質と違う最大の利点は、善玉活性酸素には反応せずに悪玉活性酸素とのみ反応して無害な水に変わる点です。

 

また、抗酸化物質は、分子が大きいので脳内に入ることができませんが、 水素は分子のうちで最も小さい原子ですから脳内にも浸透していくことができます。それによって水素は水にも油にも溶けるので脂質の細胞膜を通り抜けて細胞内にも浸透していくことができます。
この水素の最大限の利点により水素水が悪玉活性酸素とのみ反応して無害な水に変化させます。
水素水を体内に取り組むことで悪玉活性酸素を除去出来ることができるため
老化や病気の治療や予防に役立てられるというメリットがある訳です。

 

したがって、水素水は厚生労働省が認可している食品添加物で、安全かつ安心であり、過剰な摂取による副作用といった心配もありません。

 

健康や美容の効果的な副作用のない水素水を体内に取り込んで、健康維持や健康的な生活を送りたいものです。当方が水素水サーバーを実際に使って、その効果を検証しています。

 

→ 詳しくはこちら

 

--------------------------------------------------------------------

 

 

【水素の研究と現状】

 

そもそも水素水とは何か?こんな疑問を持っている方もいるでしょう。
一般的には水素の単体である水素分子のことです。

 

元素ならびにガス状分子の中で一番軽く、水や有機化合物の構成要素として存在しています。
この水素分子は常温や常圧では無色・無臭の気体で、非常に燃焼しやすく、
また爆発しやすいといった特徴があります。

 

一方、水素水とは上記の水素分子を溶解させた水でのことです。

 

水素分子には、老化やさまざまな病気の原因とされる「活性酸素」を除去する働きが
あることが知られています。
この除去作用による医療・健康分野で幅広く研究されています。
美容や健康の分野で最近よく、この水素水という言葉を聞く機会が多くなりました。

 

最近の研究では、東北大学病院のNakayamaと整水器メーカー日本トリムの共同研究により
血液透析用水に水素水を活用することで透析患者の慢性炎症、酸化ストレスなどを
抑制するという研究結果もあります。
梶山内科クリニックの梶山靜夫らの研究では、脂質代謝異常、高LDL血症、耐糖高LDL血症、
耐糖能異常への有益性をあげています。
また、メディアでも有名になった日本医科大学の太田成男らは、
ストレスによって抑制された状態の改善の有益性をあげています。
山梨大学教育人間科学部とパナソニック電工株式会社の共同研究では、
水素を溶存させたとされる水素高溶存電解アルカリ水は、
単に浄水を飲んだ場合と比較して活性酸素による生体内酸化ストレス値を
有意に低下させることをあげています。
九州大学とパナソニック電工の研究グループは水素水がマウスの脳細胞の破壊を抑え、
細胞を壊す原因とされる活性酸素も減ったことを確認しパーキンソン病などの
予防の治療につながるのではないかと述べられています。

 

こうした研究成果により、水素水が活性酸素を除去する役割があるであろうと
認識されています。
また、水素水は厚生労働省が認可している食品添加物で、安全かつ安心であり
過剰な摂取による副作用といった心配もありません。

 

【水素水と活性酸素】
ところで活性酸素とはどんなものでしょう。

 

活性酸素は、大気中に含まれる酸素分子がより反応性の高い化合物に変化したものの総称です。一般的には4種類あります。
スーパーオキシドアニオンラジカル(通称スーパーオキシド)、ヒドロキシルラジカル、
過酸化水素、一重項酸素。
その活性酸素は、スーパーオキシド、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、という順に生成されます。

 

スーパーオキシドは酸素分子から生成される最初の還元体で、生体にとって重要な役割を持つ
一酸化窒素と反応してその作用を消滅させる役割を持っています。
ヒドロキシルラジカルはきわめて反応性が高く、活性酸素による多くの生体損傷は
ヒドロキシルラジカルによるとされています。
過酸化水素の反応性はそれほど高くなく、通常は生体温度では安定しています。
しかし金属イオンや光により容易に分解してヒドロキシルラジカルを生成するといわれています。
この生成された活性酸素は、1 日に細胞あたり約10 億個発生し、これに対して生体の
活性酸素消去能力(抗酸化機能)が働くものの活性酸素は細胞内のDNAを破壊し,
普通でもDNA 破壊の数は一日に細胞あたり数万から数10 万個になりますが、
このDNA破壊はすぐに修復されます。
白血球などは、体内の異物や毒物を認識し取り込み分解することはよく知られていますが、
この時に細菌などを分解するのに活性酸素がその役割を担っていることもわかっています。

 

ところで、活性酸素には善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類あります。
つまり、善玉活性酸素(スーパーオキシド等)と悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)です。

 

善玉活性酸素は、 高い反応活性により外部から入り込んだ細菌・カビ・微生物などを
殺菌・除去する役割を持っているために神経伝達や血管新生、免疫力向上などで
生命維持に必要不可欠なものです。
一方、悪玉活性酸素は、非常に強い酸化力で酸化させて細胞に損傷を与えて
身体を老化させ病気などを促進させる活性酸素です。

 

善玉・悪玉その両方の活性酸素を全て除去してしまうと免疫力が下がってしまうことになるので酸化=老化させないようにするために悪玉活性酸素だけを除去することがポイントとなってくるわけです。

 

とはいっても、人間が生きていくためには、活性酸素による酸化=老化とは
避けてとることはできません。
私たちは呼吸で取り込んだ酸素のうち約2%が、非常に強い酸化力を示す物質に変化し
活性酸素が発生します 。
また、環境汚染と言われる排気ガス・放射線・紫外線・水質汚染・大気汚染や異物混入としての細菌・ウィルス・カビ・タバコ、さらには激しいスポーツ、ストレス、病気などの影響によっても活性酸素が体内で大量につくられます。

 

細胞内の酵素で分解しきれない余分な活性酸素は、生活習慣病や老化などのさまざまな
病気の要因であるといわれます。
また、喫煙による活性酸素の増加が、細胞を傷つけ癌細胞を増加させたり、あるいは
ビタミンCの破壊を促進して美容や肌のシミ、くすみなどの原因となるメラニンを
増加させてしまうことが一般に知られています。

 

身体を酸化・老化や病気の一因として起因する活性酸素ですが、
ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノールなどの酵素を多く含む抗酸化食品を摂ることにより
活性酸素を減らせることはよく知られています。
しかし同時に体に必要な善玉活性酸素までも減少させてしまうだけでなく、
消化吸収後の老廃物なども発生して酸化してしまいます。

 

そこで注目されているのが水素水なのです。

 

水素が他の抗酸化物質と違う最大の利点は、
善玉活性酸素には反応せずに悪玉活性酸素とのみ反応して無害な水に変わる点です。

 

また、抗酸化物質は、分子が大きいので脳内に入ることができませんが、
水素は分子のうちで最も小さい原子ですから脳内にも浸透していくことができます。
それによって水素は水にも油にも溶けるので脂質の細胞膜を通り抜けて
細胞内にも浸透していくことができます。
この水素の最大限の利点により水素水が悪玉活性酸素とのみ反応して無害な水に変化させます。
水素水を体内に取り組むことで悪玉活性酸素を除去出来ることができるため
老化や病気の治療や予防に役立てられるというメリットがある訳です。

 

なお、水素と活性酸素の秘密については、こちらでやさしく解説しています。
また、生活習慣における予防や健康の維持を目的に「自分と家族の健康は自分達で守る」というセルフメディケーションについては、
こちらを参照してください。

 

 

 

>>『水素水サーバーの口コミ・ランキングを徹底比較』トップページへ戻る