水素水の信頼性

水素水の信頼性についてお伝えしています。

 

水素水の口コミは、本当に信頼性があるのか?

 

水素水を飲むことで体にどんな影響があるのかをガウラミニを購入して検証しました。
まず、3人のガウラミニ購入者口コミレビューをご紹介し、それと実際に使ってみた感想を検証しました。

 

【ガウラミニ体験口コミレビュー】

10年も悩み続けた血圧が、 水素水を飲み始めて3ヶ月後には安定してきました。
子供のころからラーメンとか漬物などの塩分の強いものが大好きで、 そのせいか血圧も高めで10年くらい前の健康診断で高血圧と言われてから、 一時的に薬で血圧を下げることはできましたが、 自然の状態では血圧が下がらず悩んでいました。
たまたま読んだ本に水素水が良いというのが載っていたため 水素水サーバーを自宅にレンタルして飲み始めました。 飲み始めて3ヶ月くらいすると、 驚いたことにこれまで何をやってもずっと下がらなかった血圧が 下がりました。
それから数か月、今は何も気にせずに趣味のゴルフや野球を楽しんでいます。

アトピーで赤い湿疹があり、かゆみもひどく困っていましたが、 通っていたスポーツクラブで水素水が良いと勧められ、 試しに毎日水素水を持ち帰って洗顔してみると1週間目位から驚く事に かゆみが薄れ、赤い湿疹も少なくなって、2ヶ月後位になると嘘のように 湿疹ができなくなりました。
実際に体験した私は、すぐに水素水サーバーのレンタルを申込み、 今では家で毎日洗顔と飲用を行い、すっかり美肌に変わりました。昔からの友人からも肌が全く変わったねと羨ましがられています。

水素水を飲むようになってからお通じが良くなりました。
胃腸が弱いのか便秘がひどく1週間出ないといったことや、 逆に数日間続けて下痢をしてしまったりといったことを繰り返したりする ことが頻繁にあったのですが、水素水を飲むようになって、 ほぼ毎日スッキリ出るようになりました。
お通じが良くなると、食事もおいしく感じるようになり、 そのせいなのか以前よりもたくさん食べるようになったのですが、 体重が逆に減ってきましたので水素水はダイエットにも良いのではないか と感じています。

 

以上の3人の方の口コミでは、

1、血圧が安定
2、アトピーの湿疹が改善
3、お通じが良くなった

 

の血圧ですが、私の場合は多少高めの血圧(80後半〜130前後)でしたが、
4月から10月までの7ヶ月間、毎日朝1回血圧測定しています(現在進行形)が、
最近は70前半〜120後半となっています。

 

のアトピー湿疹はありませんが、鼻炎がほぼ完治しました。
季節の変わり目などに目がかゆくなったり、鼻がむずむずしたり、ひどい時は鼻水が半端なかったのですが、ほぼ良くなり、同時に鼻水をかみすぎて頭痛に悩まされることもありましたが、現在はありません。また、鼻炎や眼精疲労がなくなり、頭も軽くスッキリ感があります。

 

のお通じに関しては、全く同感です。いつもスッキリ感があり、お腹もなぜかすくようになりました。

 

それ以外の個人的な改善点は、

・体調がすこぶる良い!(体調が良かったり、悪かったりがなく、いつも良好)
・疲れなくなった!(日常生活でなにをやっても疲れなくなりました)
・いつも体のスッキリ感を感じている(疲れないだけでなく、体がいつも軽く感じている)
・お酒を飲んだ翌日も朝から調子が良い(翌朝のだるさや二日酔いがほとんどない)
・パソコンでの眼精疲労がなくなった(目がしょぼしょぼしたり、頭の重苦しさがなくなった)

 

水素水を飲むことでの症状改善は、個人差があると思いますが、
8ヶ月間ガウラミニで水素水を飲み続け、少なくとも、マイナス要因はありません。

 

購入前は、口コミやさまざまな情報を得て、本当に水素水は信頼できるものなのか
調べましたが、水素水を飲み続けている現在の体調や改善点から十分に信頼できると感じます。

 

ガウラミニを購入して正解だと思っています。
家族4人で水素水を飲んでいますが、全員疲れなくなった、食事が美味しく感じられるなど、
さらに、85歳の実家の母にも飲んでいただいたのですが、元気度がアップしているようです。

 

これから水素水の購入を考えているなら、健康のためにぜひともおすすめします。
少なくとも、飲んで悪くなったということはありませんでしたから。

 


>> 水素水サーバーガウラミニ

 

 

 

>>『水素水サーバーの口コミ・ランキングを徹底比較』トップページへ戻る

水素水の研究による信頼度はどうか?

口コミでのレビューを見る限りでは、水素水の効果を上げている書き込みがほとんどですが、学術研究としての水素水についてや厚生労働省の記述、あるいはマスコミなどの情報も検証しています。

 

まず、水素水自体は常温では無色、無臭、無味であり、水素が体に悪影響を与えるということはありませんし、厚生労働省が認可している安全かつ安心な成分であるため過剰な摂取などによる副作用といった心配もありません。

 

ただし、厚生労働省は、水素水の効果については完全に研究され尽くされている訳ではないので、
効果自体の言及は避けています。

 

一方、水素医学という分野での第一人者の専門家である日本医科大学大学院医学研究科の太田成男教授が、水素水のメカニズムと臨床試験による水素医学の現状をお話しされています。水素が人間の多くの病気にかかわることで改善が見られていることや、水素を使った臨床試験で水素が病気を抑制する効果を検証しています。同時に、水素を取り扱う場合に正しい方法で測定することの重要性についても話されています。健康医学の面でのメリットのある水素ですが、測定を正確に行わないとむしろ弊害が大きくなると警鐘を鳴らされています。
水素医学研究の第一人者の太田茂男教授は「水素の効果」の特許を得ています。(2012.10.9)
その他、健康医学の分野でのさまざまな研究発表を行っておられます。
⇒ 詳しくはこちら

 

 

水素水は病気の予防に貢献すべし

太田教授は厚生労働省副大臣との面談で次のように話されております。

先日(7月27日)、厚生労働省にて、水素水の将来について、副大臣からご意見を頂戴する機会に恵まれました。益々、水素の治療効果や予防効果が明確になっており、その利用にあたっての法律的な問題や現制度との整合性などもクリアにしておかなければならないと考えたからでした。
⇒ 続きはこちら

 

厚生労働省では、水素水は健康食品として病気の予防に貢献すべきという考えのもと、政府としても病気の予防に力を注がなくてはならないとの考えで、水素ガスは救急医療の医薬品、水素水は慢性疾患予防のための機能性表示食品という認識を示しています。

 

太田教授は多くの講演も行っており、その中では次のようなお話もされています。(一部抜粋)

・2016年6月27日 AJESTHE特別セミナー(サンメッセ香川)
演題:正しく知ろう!水素水の効果 アンチエイジング・美容・健康
・2016年6月19日 NPO法人国際医科学研究会第12回フォーラム(フクラシア品川)
演題:水素の臨床利用と今後の展望
・2015年12月26日 神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア講座業務委託事業第2回シンポジウム(横浜シンポジア)
演題:水素水の健康科学
・2015年6月18日19:50〜20:00 medicafe(名古屋)
演題:健康寿命を考える。水素の可能性
・2014年7月29日15:40〜16:30    高齢者住宅フェアー (東京ビックサイト)
演題:高齢者の健康・病気予防の新たな一手
〜エビデンスに基づき”水素”の可能性を示唆〜
2013年12月13日      第33回水素エネルギー協会大会
特別講演:医療への水素利用 (東京都江戸川区タワーホール船堀小ホール)
・2013年3月22日  第86回日本薬理学会年会 (福岡)
演題:「水素医学の発展と健康への貢献」

 

さらに、TVやマスコミでもお話しされています。(一部抜粋)

水素水を飲むことも効果的なのですが、番組スタッフにお勧めしたのは、水素浴がダイエットに効果的ということです。つまり、水素が溶けたお風呂に入浴する事です。見かけは普通の入浴料と同じで入浴料の粉を溶かすだけで、水素が発生し8時間保つ事ができます。血流がはやくなり、体温が上昇し、汗が出やすくなります。水素は皮膚から入り込み、10分後には全身を巡るので、効果的なのです。これらは、もちろんデータをとっていますが、水素の効果をすぐに体感できます。即効性があるので冷え性の人には、お勧めです。現在は、クリニックでも水素入浴は使われています。

 

水素水を飲料するよりも、肌からの吸収が速く、速効性があり、冷え性の方にもおすすめされています。水素浴がダイエット効果があることも専門家からの発言としてお話しされています。

 

インチキ水素水に注意!!

太田教授は水素水の効果について医学的見地から示されていますが、一方、水素水のインチキ情報やインチキ商品に警告を発しておれれます。
2016年5月18日(水) フジテレビ 直撃Liveグッディ! では、具体的な事例に言及されています。(一部抜粋)

水素が入っていないインチキ水素水を取り締まれない理由として、「水道水やミネラルウォーターにもごく微量の水素が入っている」からとの紹介がありました。・・・・「ごく微量」というと視聴者は、どういうイメージを浮かべるでしょうか?ごく微量と言うと100分の1-1000分の1くらいと視聴者は想像するのではないでしょうか?実際は、水道水やミネラルウォーターに入っている水素の量は、市販の水素水の100万分の1から200万分の1くらいです。100万分の1しか入っていないのを「ごく微量入っている」という表現は、誤解を招くというより、まちがった情報と言ってもいいと思います。
角砂糖を10個、プールに投げ入れたら、そのプールの水を砂糖水と言ってよいのでしょうか?
「水道水やミネラルウォーターにもごく微量の水素が入っている」という表現は、インチキ商品を販売している詐欺師の言い分です。また、消費者庁が取り締まりを手抜きするための口実です。実は、消費者庁の担当官も私のところへ何度か訪ねてきたことがあります。当時「インチキ商品はわかっているけど、製造社は『もと水素がはいっていた水を水素水という』『極わずかには水素が入っている』とか強弁するので、なかなか取り締まれない」とぼやいていました。・・・・

 

水素水の学術的研究により効果が実証されているにもかかわらず、一部のインチキ商法で水素水が悪者扱いにされているという指摘、さらには、最近厚生労働省から高濃度水素水と言いながら、実際には高濃度に達しないインチキ水素水サーバーや商品が出回っているという指摘があるのも事実です。

 

 

 

さらに良くないのは、マスコミや一部メディアで水素水の効果を否定するような記述がなされています。これらは、水素水研究や学術研究の成果を無視し、一部の認識不足の方の意見を鵜呑みにして、さも成果がないように報道されています。そうした文面を見てもどれ一つとっても論拠に乏しく、実際に水素水を活用している声を全く無視するような記述には怒りさえ禁じ得ません。水素水を活用して効果や成果を実感している方はとても多いという実態を無視しているとしか思えません。こうした報道は、正確を期するという報道の在り方を根本的に逸脱した単なる聞きかじりの報道であると思えてなりません。

 

水素水の効果の信頼性は高まっている!

以上のような検証を踏まえて水素水が体や健康のために良いことは多くの研究でも明らかになっています。京都大学医学部卒業。東京中央メディカルクリニック理事長白川 太郎氏も水素水をおすすめしています。

 

白川氏がおすすめしているのがガウラミニです。
ガウラミニは水道管などの配線による設置型ではなく、給水型でタンクに水道水を入れるだけの簡単なもので、スイッチを入れるだけで、すぐに高濃度の水素水が飲めるという手軽さで多くの方がすぐに活用できるメリットを上げておられます。

 

また、ガウラミニの販売元の(株)ガウラが、これまで医療機関やフィットネス施設での長年の取扱実績により確かな商品をお客様にお届けしているということも推奨されている理由です。

 

>> 水素水サーバーガウラミニ

 

 

--------------------------------------------------------------------

 

 

【水素の研究と現状】

 

そもそも水素水とは何か?こんな疑問を持っている方もいるでしょう。
一般的には水素の単体である水素分子のことです。

 

元素ならびにガス状分子の中で一番軽く、水や有機化合物の構成要素として存在しています。
この水素分子は常温や常圧では無色・無臭の気体で、非常に燃焼しやすく、
また爆発しやすいといった特徴があります。

 

一方、水素水とは上記の水素分子を溶解させた水でのことです。

 

水素分子には、老化やさまざまな病気の原因とされる「活性酸素」を除去する働きが
あることが知られています。
この除去作用による医療・健康分野で幅広く研究されています。
美容や健康の分野で最近よく、この水素水という言葉を聞く機会が多くなりました。

 

最近の研究では、東北大学病院のNakayamaと整水器メーカー日本トリムの共同研究により
血液透析用水に水素水を活用することで透析患者の慢性炎症、酸化ストレスなどを
抑制するという研究結果もあります。
梶山内科クリニックの梶山靜夫らの研究では、脂質代謝異常、高LDL血症、耐糖高LDL血症、
耐糖能異常への有益性をあげています。
また、メディアでも有名になった日本医科大学の太田成男らは、
ストレスによって抑制された状態の改善の有益性をあげています。
山梨大学教育人間科学部とパナソニック電工株式会社の共同研究では、
水素を溶存させたとされる水素高溶存電解アルカリ水は、
単に浄水を飲んだ場合と比較して活性酸素による生体内酸化ストレス値を
有意に低下させることをあげています。
九州大学とパナソニック電工の研究グループは水素水がマウスの脳細胞の破壊を抑え、
細胞を壊す原因とされる活性酸素も減ったことを確認しパーキンソン病などの
予防の治療につながるのではないかと述べられています。

 

こうした研究成果により、水素水が活性酸素を除去する役割があるであろうと
認識されています。
また、水素水は厚生労働省が認可している食品添加物で、安全かつ安心であり
過剰な摂取による副作用といった心配もありません。

 

【水素水と活性酸素】
ところで活性酸素とはどんなものでしょう。

 

活性酸素は、大気中に含まれる酸素分子がより反応性の高い化合物に変化したものの総称です。一般的には4種類あります。
スーパーオキシドアニオンラジカル(通称スーパーオキシド)、ヒドロキシルラジカル、
過酸化水素、一重項酸素。
その活性酸素は、スーパーオキシド、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、という順に生成されます。

 

スーパーオキシドは酸素分子から生成される最初の還元体で、生体にとって重要な役割を持つ
一酸化窒素と反応してその作用を消滅させる役割を持っています。
ヒドロキシルラジカルはきわめて反応性が高く、活性酸素による多くの生体損傷は
ヒドロキシルラジカルによるとされています。
過酸化水素の反応性はそれほど高くなく、通常は生体温度では安定しています。
しかし金属イオンや光により容易に分解してヒドロキシルラジカルを生成するといわれています。
この生成された活性酸素は、1 日に細胞あたり約10 億個発生し、これに対して生体の
活性酸素消去能力(抗酸化機能)が働くものの活性酸素は細胞内のDNAを破壊し,
普通でもDNA 破壊の数は一日に細胞あたり数万から数10 万個になりますが、
このDNA破壊はすぐに修復されます。
白血球などは、体内の異物や毒物を認識し取り込み分解することはよく知られていますが、
この時に細菌などを分解するのに活性酸素がその役割を担っていることもわかっています。

 

ところで、活性酸素には善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類あります。
つまり、善玉活性酸素(スーパーオキシド等)と悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)です。

 

善玉活性酸素は、 高い反応活性により外部から入り込んだ細菌・カビ・微生物などを
殺菌・除去する役割を持っているために神経伝達や血管新生、免疫力向上などで
生命維持に必要不可欠なものです。
一方、悪玉活性酸素は、非常に強い酸化力で酸化させて細胞に損傷を与えて
身体を老化させ病気などを促進させる活性酸素です。

 

善玉・悪玉その両方の活性酸素を全て除去してしまうと免疫力が下がってしまうことになるので酸化=老化させないようにするために悪玉活性酸素だけを除去することがポイントとなってくるわけです。

 

とはいっても、人間が生きていくためには、活性酸素による酸化=老化とは
避けてとることはできません。
私たちは呼吸で取り込んだ酸素のうち約2%が、非常に強い酸化力を示す物質に変化し
活性酸素が発生します 。
また、環境汚染と言われる排気ガス・放射線・紫外線・水質汚染・大気汚染や異物混入としての細菌・ウィルス・カビ・タバコ、さらには激しいスポーツ、ストレス、病気などの影響によっても活性酸素が体内で大量につくられます。

 

細胞内の酵素で分解しきれない余分な活性酸素は、生活習慣病や老化などのさまざまな
病気の要因であるといわれます。
また、喫煙による活性酸素の増加が、細胞を傷つけ癌細胞を増加させたり、あるいは
ビタミンCの破壊を促進して美容や肌のシミ、くすみなどの原因となるメラニンを
増加させてしまうことが一般に知られています。

 

身体を酸化・老化や病気の一因として起因する活性酸素ですが、
ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノールなどの酵素を多く含む抗酸化食品を摂ることにより
活性酸素を減らせることはよく知られています。
しかし同時に体に必要な善玉活性酸素までも減少させてしまうだけでなく、
消化吸収後の老廃物なども発生して酸化してしまいます。

 

そこで注目されているのが水素水なのです。

 

水素が他の抗酸化物質と違う最大の利点は、
善玉活性酸素には反応せずに悪玉活性酸素とのみ反応して無害な水に変わる点です。

 

また、抗酸化物質は、分子が大きいので脳内に入ることができませんが、
水素は分子のうちで最も小さい原子ですから脳内にも浸透していくことができます。
それによって水素は水にも油にも溶けるので脂質の細胞膜を通り抜けて
細胞内にも浸透していくことができます。
この水素の最大限の利点により水素水が悪玉活性酸素とのみ反応して無害な水に変化させます。
水素水を体内に取り組むことで悪玉活性酸素を除去出来ることができるため
老化や病気の治療や予防に役立てられるというメリットがある訳です。

 

なお、水素と活性酸素の秘密については、こちらでやさしく解説しています。
また、生活習慣における予防や健康の維持を目的に「自分と家族の健康は自分達で守る」というセルフメディケーションについては、
こちらを参照してください。

 

 

 

 

>>『水素水サーバーの口コミ・ランキングを徹底比較』トップページへ戻る