水素水濃度とは

水素水濃度について

水素水が天然水に代わって注目されていますが、水素水であればなんでもよいという訳ではありません。
水素は生成された後、どんどん減少していくため生成後すぐに飲料することが大切となります。
そのときに問題となるのは、水素水の濃度です。

 

水素濃度はppmという単位で表しますが、1リットル中の1ミリグラムのことです。
一般に、高濃度水素水というのは、1.0ppmが基準値です。
おおむね、1.0ppm〜1.6ppmという値が高濃度水素水といわれています。

 

たとえば、1.0ppmの濃度の水素水を生成しても、時間をおいてから飲料するとなると
水素濃度が大幅に減っていきますので飲料時点で1.0ppmを下回っていることもあります。
高濃度水素水サーバーなどで、その場ですぐ飲料すれば問題ありません。

 

高濃度の水素水を体に取り込むことで、悪玉活性酸素を体内から多く排出できるため
体の酸化や老化の予防に効果があるという訳です。

 

できれば、生成時の水素濃度をチェックして、本当に高濃度水素水なのかを
確かめることも場合によっては必要となります。

 

最近は水素水サーバーもさまざまなものがありますが、多くの場合作ってすぐ飲料すれば
どのサーバーでも濃度についてはさほど気にする必要はありません。

 

水素水サーバーは、いつでも高濃度の水素水を飲むことができるという点で
多くの方々が利用されています。

 

 

 

 

>>『水素水サーバーの口コミ・ランキングを徹底比較』トップページへ戻る