動体視力の鍛え方

クレー射撃での動体視力の鍛え方についてお伝えします。

クレー射撃で動体視力を鍛える方法はいくつかありますので、ご紹介します。
まず、動体視力の強化のためにトレーニングメガネVisionup(ビジョナップ)を活用します。

 

クレー射撃にかかわらず、多くの種目に活用できるトレーニングメガネですので、
練習相手がいなくても、自宅で一人でもOKです。

 

なかには、こっそりとだれにも知られずに動体視力を強化したいとお考えの方も非常に多いと思います。

 

このトレーニングメガネVisionup(ビジョナップ)は、自宅で一人でも十分に行うことができます。

 

 

【Visionup(ビジョナップ)を自宅で一人で活用する方法】

 

1.基本的な使い方

 

特別なトレーニングは、まったく必要ありません。
ひとりでやる基礎的な練習をVisionupをかけてやるだけの方法です。

 

■ 1回10分〜15分、一日おき、いつものウォームアップや基礎練習で使うだけ!
■ 遮断率(Duty比率)は50%でOK。明る過ぎる時は上げて、暗過ぎる時は下げて調整する。
■ 点滅回数は50Hzでスタート。家庭の照明器具と同じ点滅回数なのでストレスなしでこなせます。
■ 50Hzでこなせたら、30Hz → 20Hz → 10Hz と順次落としながら同じトレーニングを行なう。
■ 10Hzでこなせたら、トレーニング内容を上げて、再び50Hzから始める。
   または、点滅回数をさらに 7Hz → 5Hz → 3Hz と下げる方法もあります。

 

2.昼間の屋外

 

昼間の屋外の場合、野球なら壁キャッチボール、テニスなら壁打ち、サッカーなら壁蹴り...
と、ボールゲームの場合は壁を使う練習がおすすです。

 

もちろん、壁でなくても、普段やっている一人での練習をVisionupをかけてやってもOKです。

 

対象物を追って眼球を動かす練習なら、何でもOKです。

 

点滅するVisionupをかけると、晴天でギラついて対象物が見難い場合は、
Duty Ratio (遮断率)を暗過ぎない程度に上げてお使いください。

 

 

3.ご自宅の室内

 

自宅の室内などでもVisionupを使って十分に目のトレーニングは可能です。

 

■ ゴム製の柔らかいボールを使って壁キャッチボールをする、
■ ヒモで吊り下げたボール(テニスの練習用などが市販されています)を使って前後左右に揺れるボールを見たり、
  軽く打つなどの練習をおすすめします。

 

視覚負荷効果を使った目のトレーニング(スポーツビジョンのトレーニング)は、
実戦に近い速い球でないと効果が出ないということはありません。

 

視覚負荷トレーニングは、一種の筋力トレーニングです。

 

眼筋という筋肉を鍛えるわけですから、普段の筋力トレーニング同様、
負荷をかけてゆっくりとしたスピードで、十分にトレーニングになります。

 

室内が暗過ぎる場合は、Duty Ratio (遮断率)を下げて明るくしてお使いください。

 

 

4.夕方〜夜の屋外

 

Visionupは、光源を持たないので、一定の明るさを必要とします。
夕方〜夜の屋外でお使いになる場合は、Duty Ratio (遮断率)を下げて明るくしてお使いください。

 

30%が下限ですので、それでも暗過ぎる場合は、照明器具を使って対象物が見えるだけの明るさを
確保していただく必要があります。

 

以上のような使い方をすることで、動体視力を向上させることができます。

 

 

 

 

トップページへ