北京五輪で活躍した中山由起枝選手

クレー射撃で北京五輪で活躍した中山由起枝選手についてお伝えしています。

北京五輪で活躍した中山由起枝選手は、35 m離れた場所で
クレーが放出されて捕らえるスピードは0.6秒だったことが
スポーツ科学者の研究でわかっています。

 

研究では、中山由起枝選手の目の動きを解析したところ、
クレーが出た瞬間に眼球が動き引き金を引き、
すでに目のセンターにクレーが来る時には弾が命中しており、
その時間がわずか0.6秒となっていることが判明しています。

 

このように、クレー射撃では動体視力が優れていることが
良い結果を残す条件となっています。

 

では、どうやって動体視力を向上させればよいのでしょうか?

 

クレー射撃では、体力より集中力、さらに動体視力が
特に重要度が増します。

 

たとえば、クレー射撃の種目のひとつ、トラップは
いかに目を動かさずにクレーを捉えられるかにかかっているため、
動体視力が優れていないと難しいといわれています。

 

つまり、動体視力が良ければ良いほど、クレーのスピードは遅く見え、
射撃位置を正確に予測できるようになります。

 

 

こうした動体視力を鍛えることができるのが、
>>動体視力を向上させる方法<<

 

 

クレー射撃の競技は、瞬間の判断能力と実践能力が問われる
非常にシビアな競技です。

 

高速で飛んでくるクレーを的確に見定め、瞬時に判断、
正確な射撃能力を必要とされます。

 

大会で好成績を残すためには、
実射の練習だけでは無理があります。

 

人より数千倍、数万倍練習すればよいというものではありません。
練習量をこなすだけでは限界があります。

 

kuree4.jpg

 

そこで注目されるのが選球眼です。

 

選球眼は、正確にとらえるために不可欠です。

 

この選球眼を鍛えることが、
ハイレベルのクレー射撃ができるようになります。

 

選球眼を鍛えるには動体視力を向上させる必要があります。
そのことが、最短の上達法です。

 

その動体視力を向上させる練習法がこちらです。
>>動体視力を向上させる方法<<

 

 

 

トップページへ