トラップ種目について

トラップ種目についてお伝えしています。

クレー射撃の中でのトラップ種目のルールについてお伝えしています。

 

基本的には 、トラップは射台から15m離れた放出口から飛び出すクレーを撃つ競技で、
1標的2発まで発射することができ、どちらでクレーが割れても1点とカウントされます。

 

トラップ種目は1番から5番までの四角く囲まれている場所を射座と言い、
1番射座から5番射座までのゾーンを射台と言います。

 

5番から1番に戻るときに歩く射台の後ろを射手通路と言い、
ここでは必ず銃の薬室から装弾を脱砲することが義務付けられています。

 

5つ横に並んでいる射座を5週して25枚のクレーを撃ち25点満点で得点を競います。
国内の大会では主に100個撃ちが採用されていて1ラウンド25枚撃ちを4回行い100点満点で競われます。

 

トラップは左右に飛ぶクレーと真っ直ぐ飛ぶクレーの3方向からなり、
左右の切れ角度の最大角は45度までとなっております。

 

公式戦やオリンピックでは0度から45度まで振ったクレーを約76mの距離まで飛行するように設定します。
1番から9番までの9種類のセットがあり15台ある放出機をすべて違う角度高さにセットされています。

 

初心者の練習や銃砲店などのコンペは公式セットでなく、角度も30度前後で飛距離65〜70mにセットし難易度を落として行います。
2面以上ある射撃場では、基本的に練習用、公式用の2つを用意しているところが多いです。

 

通常クレーの放出は射手のコールによって行われます。
トラップは射座付近にあるマイクが音声を認識すると自動的にクレーが放出されます。

 

コールするとクレーが放出されることが前提なのですが、
まれに放出されなかったり割れて放出されたりすることがあります。

 

これをノーバードもしくはノーターゲットと言い、
この場合はクレーが適正に放出されるまで撃ち直しとなります。

 

最終的にスタートした射座から順番に移動して行き5週して25枚を撃ち1ラウンド終了となります。

 

すべて、こうした一連の流れは、慣れてしまえば特に難しいことではありません。
こうした動作以上に、射撃では心理的な面が大きく作用しますから、心の平常心が大切となります。

 

 

 

トップページへ