クレー射撃 上手くなる方法

クレー射撃が上手くなる方法についてお伝えしています。

クレー射撃の練習をしっかりと行っているのに
なかなか大会では上位をめざせない。

 

そんな方がとても多いですね。

 

クレー射撃の競技は、瞬間の判断能力と実践能力が問われる
非常にシビアな競技です。

 

高速で飛んでくるクレーを的確に見定め、瞬時に判断、
正確な射撃能力を必要とされます。

 

大会で好成績を残すためには、
実射の練習だけでは無理があります。

 

人より数千倍、数万倍練習すればよいというものではありません。
練習量をこなすだけでは限界があります。

 

 

そこで注目されるのが選球眼です。

 

選球眼は、正確にとらえるために不可欠です。

 

この選球眼を鍛えることが、
ハイレベルのクレー射撃ができるようになります。

 

選球眼を鍛えるには動体視力を向上させる必要があります。
そのことが、最短の上達法です。

 

その動体視力を向上させる練習法がこちらです。
>>動体視力を向上させる方法<<

 

選球眼が向上すれば、トラップ射撃でも効果を発揮します。

 

トラップ射撃の上達法は、基本をマスターして実践を積むことが大切ですが、
それだけでは、なかなか上手くなりません。

 

トラップ射撃は1射台につき3台の放出機から様々な角度・高さでクレーが射出されるため、
連続して打っても正確性を維持し続けるのはなかなか困難です。
1ラウンドの命中率が限りなく100%に近づくためには、
動体視力をアップすることが近道です。

 

トラップ射撃に限らず、アスリートがレベルアップするためには練習以外にありません。
あの、一本足打法の王選手は畳のある部屋でひたすら一点集中の素振り練習をやり、
世界の王になったことは多くの方がご存じです。
つまり、一本足の反動源を利用してバッティングでぶれず、一点集中でボールのラインを
見極め、まるで飛んでくるボールが目の前で止まったかのように見つめ、ホームランを
量産出来たのです。
また、バッティングマシンや筋トレマシンを活用したトレーニングも広く行われています。

 

他のスポーツでもトレーニングといえば、練習の繰り返しが中心でした。
卓球選手は相手から打たれた卓球のボールを正確に相手のコートに返すためひたすら同じ練習を
繰り返しています。
こうした、アスリートのトレーニングや練習は大変大切ですし、今後とも変わりませんが
さらに言えばスポーツは自分との戦いでもあるわけです。

 

しかし、近年スポーツ全般において視力トレーニングが見直されています。
たとえば、高速道路を車で走った後に、高速走行を終えて一般道路に降りてくると
高速に慣れたせいで一般道路ではたいへんに遅く感じることがあります。
それでも、速度計をみると60キロ。普通に一般道路を走る速度としては60キロは
速く感じます。
これと同じように最近、多くのスポーツでは視力トレーニングが重要視され始めています。
いわゆる、動体視力です。
つまり、動くものが止まっているかのごとくはっきりと見えるという視力です。

 

動体視力には、KVA動体視力とDVA動体視力があります。
KVA動体視力は奥から目の前に直進してくるモノをはっきり見る能力です。
一方、DVA動体視力は横方向の動きを識別する能力です。
こうした動体視力が優れていることがスポーツ選手が世界のトップアスリートになる要因と
なっています。

 

ストロボ効果というものがあります。
高速のボールが実際に止まって見えることはありませんが、強力なストロボライトの光を
連続して点滅させると、連続したストロボライトの光の中では、飛んできたボールは
止まった映像として眼に入ってきます。

 

たとえば、高速を競うスポーツカーレースでは、目の前を瞬時に通り過ぎるため
瞬間瞬間がよく見えません。しかし、超高速度カメラでその瞬間瞬間を撮影すれば
目の前をよぎったスポーツカーの中の選手の表情までのとらえることができます。
この瞬間瞬間の連続が高速で走り去るスポーツカーなのです。

 

このストロボ効果を視力トレーニングに取り入れたのが『ビジョナップ』メガネです。
かの打撃の神様といわれた読売巨人の川上哲治さんは「ボールが止まって見える」という
有名な言葉を残しています。

 

以前から「ストロボ効果」が視覚能力の向上に有効であると言われています。
音楽コンサートなどで激しい動きにフラッシュライトを点滅させながら当てると
場面がスロモーションのように見えることがあります。
これは、動画を静止画として認識させる手法なのです。

 

このストロボ効果を取り入れてスポーツに応用したものが『ビジョナップ』メガネです。

 

高速で飛んでくるボールを『ビジョナップ』で見てみると、まるで、一枚ずつ切り取った
静止画が連続しているように見ることができます。そして、切り取った画像として見ることで
眼から脳へと続く視覚システムをトレーニングし、脳はボールの軌道を予知できるように
なります。このトレーニング後に『ビジョナップ』なしでもボールをはっきりと見ることが
できるようになります。
こうしたトレーニングを積み重ねることで持続効果を生み視覚能力をアップさせることが
できるようになります。

 

>>ビジョナップ公式サイトはこちら<<

 

ボールを扱うスポーツですばやく対応するためには
瞬間のボールの見極めが次の動作につながります。

 

いくら飛んでくるボールを受けることが得意でも
瞬間的なボールを見極め反応できなければ良いプレーヤーとは言えません。

 

そのためには、動体視力を鍛えて
瞬時にボールの行方を見て、すばやく行動に移すことが求められます。

 

プロの選手の多くはボールの見極めのため
動体視力を鍛えるのにビジョナップを使っています。

 

プロ野球選手にとって選球眼は命であるように
どんなスポーツでもボールへの選球眼は重要なのです。

 

物理的、科学的理論の裏付けにより
ビジョナップが動体視力向上に役に立つことが証明されています。

 

視力トレーニングメガネを使った経験がありますか?

 

通常の視力トレーニング用のメガネは、ピンポイントで穴があいています。
テレビや雑誌などを見るときにお部屋で使うタイプです。

 

それに対してスポーツ用や目の老化などに使われているのが
『ビジョナップ』です。

 

ビジョナップは、眼球の動きを良くするという画期的な目のトレーニングツールです

 

動体視力はビジョナップでアップできることを
あのイチロー選手が証明しています。

 

 

選球眼がよければ、もっと野球でホームランを打てるのに?

 

野球をやってる人は、ほとんどの人がそんなふうに思っています。
野球に限らずスポーツをやってる方が動体視力が向上すれば
多くのアスリートは今よりも上達レベルが大幅にアップするでしょう。

 

トレーニングや筋肉トレなどはみなさん頑張ってやっているでしょうが、
動体視力の改善に努めている人は残念ながら多くありません。

 

プロ野球選手やプロアスリートの方々のなかに
動体視力向上メガネ(ビジョナップ)を愛用している方がいます。

 

最近ではあの人気番組『世界一受けたい授業』広島カープも使う
最新のシャッターゴーグルとしてビジョナップが紹介されました。

 

『ビジョナップ』は、眼球の動きを良くするという画期的な目のトレーニングツールです。 

 

野球、ソフトボール、バレーボール、サッカー、卓球、テニス、射撃、ゴルフ・・・

 

多くのスポーツで使用され実感されています。

 

purimari.jpg

 

 

>>スポーツの動体視力をビジョナップでアップの公式サイト<<

 

【動体視力トレーニングメガネ『ビジョナップ』を使っている例】

 

<海 外>
アメリカ MLB シカゴ・カブス
アメリカ MLB セントルイス・カブス
ドイツ  ブンデスリーガ ドルトムント
チェコ  クレー射撃 ナショナルチーム
<国 内>
プロ野球 読売ジャイアンツ
プロ野球 広島カープ
サッカーJ1 サンフレッチェ広島
サッカーJ1 浦和レッズ
バレーボール 全日本男女チーム
クレー射撃  中野幸枝選手
<主な国>
北米:アメリカ、カナダ、
欧州:イギリス、ドイツ、ベルギー、オランダ、
   イタリア、スペイン、ポルトガル、

   スイス、チェコ、ハンガリー、ロシア、
   ウクライナ
大洋州:オーストラリア、ニュージーランド
アジア:台湾、韓国、タイ、シンガポール

 

また個人では、国内海外を問わず、プロ選手
やトップアマが多数使用中です。

 

 

以上のようにビジョナップは、さまざまなスポーツで活用されていますが、
クレー射撃のようなスポーツでは、特に注目されています。

 

kuree2.jpg

 

>>ビジョナップ公式サイトはこちら<<

 

30日間返品OK

 

 

 

トップページへ