クレー射撃が上達する方法

クレー射撃が上達するためには、動体視力や選球眼を高める方法があります。

 

【クレー射撃では、反射神経や選球眼を鍛えることでレベルアップ!!】

 

 

 

クレー射撃では、クレーのラインを読み切ることや瞬間のクレーを見極めるために
反射神経だけでなく選球眼や動体視力を鍛えることがレベルアップにつながります。

 

選球眼や動体視力が向上すれば、これまで以上に正確な対応ができるようになります。

 

あなたは、クレー射撃で反射神経や選球眼を鍛えて、
今以上の結果を出したいと思っていませんか?

 

一般には、トレーニングを何度も繰り返してすばやく対応できるように訓練や練習を繰り返していると思います。
しかし、このようなトレーニングでは目に見えるような結果を得ることはなかなか難しいでしょう。

 

あなたのやってる練習やトレーニングで反射神経は
目に見えるように結果ができていますか?

 

 

実は、いくら練習やトレーニングを懸命にやっても反射神経を良くすることはできないのです。

 

反射神経を上げるには、動体視力を鍛えることが重要なのです。

 

 

どんなスポーツでも動体視力を鍛えることは大切です。

 

たとえば、ラリーの激しい卓球やバドミントンは、
どちらも動体視力が必要な競技であることは言うまでもありません。

 

スマッシュをしてからボールが届くまでの時間は、バドミントンが0.48秒、卓球はその2倍以上速い0.18秒と
言われますので、動体視力の良し悪しが試合を決定づけると言ってよいでしょう。

 

卓球は、至近距離から時速100km以上のボールを返し続けることになるので、
動体視力の他に瞬発力と持久力も必要で、あらゆる視機能をフルに使わなくてはならないスポーツです。

 

一流のプレイヤーになると、相手の打ったボールのマークで回転がわかると言われます。
高速ボールの回転やコースを見極める能力が、まさに動体視力です。

 

一方、バドミントンはスマッシュ時の初速は時速300kmまで達するそうです。
シャトルは手元に来るまでにかなり減速しますが、それでもシャトルの方向を瞬時に
見極めなければならないので、高い動体視力が求められることは間違いありません。

 

攻撃時には相手が返しにくい場所を狙ってスマッシュを打ち込まなければならないので、
瞬間視の能力も必要になります。

 

・クレー射撃では、動体視力は一流選手ともなると、かなりのレベルです。
・動体視力は選手にとってハイレベルをめざすなら致命的な重要度があります。
・一流選手やプロレベルをめざすならクレーを見極める目を養うことから始めてください。

 

 

【クレー射撃が上手くなるには動体視力を良くするのが近道!!】

 

 

クレー射撃が上手くなるために、あなたはどんな方法を行っていますか?

 

 

たとえば、トラップ射撃の練習では、個々のポイントをしっかりとおさえ、
それらの基本をマスターすることから始まります。

 

射撃基本姿勢 肩付け 頬付け グリップ 照準 スイング・・・

 

トラップ射撃での狙い越しざまに撃つ射撃練習などは、
クレー射撃を始めた時にいろはとして習います。

 

トラップ射撃は、基本をマスターして実践を積むことが大切ですが、
それだけでは、なかなか上手くなりません。

 

トラップ射撃は1射台につき3台の放出機から様々な角度・高さでクレーが射出されるため、
連続して打っても正確性を維持し続けるのはなかなか困難です。
1ラウンドの命中率が限りなく100%に近づくためには、動体視力をアップすることが近道です。

 

トラップ射撃に限らず、アスリートがレベルアップするためには練習以外にありません。
あの、一本足打法の王選手は畳のある部屋でひたすら一点集中の素振り練習をやり、
世界の王になったことは多くの方がご存じです。

 

つまり、一本足の反動源を利用してバッティングでぶれず、一点集中でボールのラインを
見極め、まるで飛んでくるボールが目の前で止まったかのように見つめ、ホームランを量産出来たのです。
また、バッティングマシンや筋トレマシンを活用したトレーニングも広く行われています。

 

他のスポーツでもトレーニングといえば、練習の繰り返しが中心でした。
卓球選手は相手から打たれた卓球のボールを正確に相手のコートに返すためひたすら同じ練習を繰り返しています。

 

こうした、アスリートのトレーニングや練習は大変大切ですし、今後とも変わりませんが
さらに言えばスポーツは自分との戦いでもあるわけです。

 

しかし、近年スポーツ全般において視力トレーニングが見直されています。

 

たとえば、高速道路を車で走った後に、高速走行を終えて一般道路に降りてくると
高速に慣れたせいで一般道路ではたいへんに遅く感じることがあります。

 

それでも、速度計をみると60キロ。普通に一般道路を走る速度としては60キロは速く感じます。

 

これと同じように最近、多くのスポーツでは視力トレーニングが重要視され始めています。
いわゆる、動体視力です。

 

つまり、動くものが止まっているかのごとくはっきりと見えるという視力です。

 

動体視力には、KVA動体視力とDVA動体視力があります。

 

KVA動体視力は奥から目の前に直進してくるモノをはっきり見る能力です。
一方、DVA動体視力は横方向の動きを識別する能力です。

 

こうした動体視力が優れていることがスポーツ選手が世界のトップアスリートになる要因となっています。

 

ストロボ効果というものがあります。

 

高速のボールが実際に止まって見えることはありませんが、強力なストロボライトの光を
連続して点滅させると、連続したストロボライトの光の中では、飛んできたボールは止まった映像として眼に入ってきます。

 

たとえば、高速を競うスポーツカーレースでは、目の前を瞬時に通り過ぎるため瞬間瞬間がよく見えません。
しかし、超高速度カメラでその瞬間瞬間を撮影すれば目の前をよぎったスポーツカーの中の選手の表情までのとらえることができます。
この瞬間瞬間の連続が高速で走り去るスポーツカーなのです。

 

このストロボ効果を視力トレーニングに取り入れたのが『ビジョナップ』メガネです。
かの打撃の神様といわれた読売巨人の川上哲治さんは「ボールが止まって見える」という有名な言葉を残しています。

 

以前から「ストロボ効果」が視覚能力の向上に有効であると言われています。
音楽コンサートなどで激しい動きにフラッシュライトを点滅させながら当てると
場面がスロモーションのように見えることがあります。これは、動画を静止画として認識させる手法なのです。

 

このストロボ効果を取り入れてスポーツに応用したものが『ビジョナップ』メガネです。

 

高速で飛んでくるクレーを『ビジョナップ』で見てみると、まるで、一枚ずつ切り取った
静止画が連続しているように見ることができます。
そして、切り取った画像として見ることで眼から脳へと続く視覚システムをトレーニングし、
脳はボールの軌道を予知できるようになります。

 

このトレーニング後に『ビジョナップ』なしでもクレーをはっきりと見ることができるようになります。
こうしたトレーニングを積み重ねることで持続効果を生み視覚能力をアップさせることができるようになります。

 

 

世界初の動体視力トレーニングメガネ 『Visionup』

 

 


【商品説明】

■ 商品説明
動体視力トレーニングメガネ 「Visionup Athlete」 は、世界初のメガネタイプの目のトレーニング機器です。 液晶点滅レンズの”見え辛さ”が、眼筋を鍛え、眼球の動きをスムーズにすることで動体視力や スポーツビジョンを向上します。 また、目標物の速さに調整して、その軌道を見たり、止まっているかのように見ることもでき、 予測能力を高めます。 1日15分、週に3回、いつものウォームアップや基礎練習で使うだけ! 8歳のお子様から高齢者まで、アマチュアからトッププロまで、誰でも簡単にお使いいただけます。 動体視力、深視力、瞬間視、広角視野、目と手の協応動作などスポーツビジョンを鍛えると、 瞬発力や判断力がつきパフォーマンス・アップにつながります。 光体は使わず、液晶のON/OFFで見える/見えないを繰り返すだけなので、基本的に目や健康に 害を与えることはありません。 メガネ本体・重量30g。(バッテリー込み) フル充電で15時間以上の連続稼働。(新品時) 高齢者の動体視力の回復には、1回に5分程度、簡単なホール遊びをするだけ。 専用ポーチやハードケースも付属していて、保管や持ち運びにも便利です。

 

 

 

 

 

トップページへ

クレー射撃での動体視力を鍛えるトレーニング方法をお伝えしています。

クレー射撃で動体視力を鍛える方法はいくつかありますので、ご紹介します。
まず、動体視力の強化のためにトレーニングメガネVisionup(ビジョナップ)を活用します。

 

クレー射撃にかかわらず、多くの種目に活用できるトレーニングメガネですので、
練習相手がいなくても、自宅で一人でもOKです。

 

なかには、こっそりとだれにも知られずに動体視力を強化したいとお考えの方も非常に多いと思います。

 

このトレーニングメガネVisionup(ビジョナップ)は、自宅で一人でも十分に行うことができます。

 

 

【Visionup(ビジョナップ)を自宅で一人で活用する方法】

 

1.基本的な使い方

 

特別なトレーニングは、まったく必要ありません。
ひとりでやる基礎的な練習をVisionupをかけてやるだけの方法です。

 

■ 1回10分〜15分、一日おき、いつものウォームアップや基礎練習で使うだけ!
■ 遮断率(Duty比率)は50%でOK。明る過ぎる時は上げて、暗過ぎる時は下げて調整する。
■ 点滅回数は50Hzでスタート。家庭の照明器具と同じ点滅回数なのでストレスなしでこなせます。
■ 50Hzでこなせたら、30Hz → 20Hz → 10Hz と順次落としながら同じトレーニングを行なう。
■ 10Hzでこなせたら、トレーニング内容を上げて、再び50Hzから始める。
   または、点滅回数をさらに 7Hz → 5Hz → 3Hz と下げる方法もあります。

 

2.昼間の屋外

 

昼間の屋外の場合、野球なら壁キャッチボール、テニスなら壁打ち、サッカーなら壁蹴り...
と、ボールゲームの場合は壁を使う練習がおすすです。

 

もちろん、壁でなくても、普段やっている一人での練習をVisionupをかけてやってもOKです。

 

対象物を追って眼球を動かす練習なら、何でもOKです。

 

点滅するVisionupをかけると、晴天でギラついて対象物が見難い場合は、
Duty Ratio (遮断率)を暗過ぎない程度に上げてお使いください。

 

 

3.ご自宅の室内

 

自宅の室内などでもVisionupを使って十分に目のトレーニングは可能です。

 

■ ゴム製の柔らかいボールを使って壁キャッチボールをする、
■ ヒモで吊り下げたボール(テニスの練習用などが市販されています)を使って前後左右に揺れるボールを見たり、
  軽く打つなどの練習をおすすめします。

 

視覚負荷効果を使った目のトレーニング(スポーツビジョンのトレーニング)は、
実戦に近い速い球でないと効果が出ないということはありません。

 

視覚負荷トレーニングは、一種の筋力トレーニングです。

 

眼筋という筋肉を鍛えるわけですから、普段の筋力トレーニング同様、
負荷をかけてゆっくりとしたスピードで、十分にトレーニングになります。

 

室内が暗過ぎる場合は、Duty Ratio (遮断率)を下げて明るくしてお使いください。

 

 

4.夕方〜夜の屋外

 

Visionupは、光源を持たないので、一定の明るさを必要とします。
夕方〜夜の屋外でお使いになる場合は、Duty Ratio (遮断率)を下げて明るくしてお使いください。

 

30%が下限ですので、それでも暗過ぎる場合は、照明器具を使って対象物が見えるだけの明るさを
確保していただく必要があります。

 

 

以上のような使い方をすることで、動体視力を向上させることができます。それによって、
自宅で、自分一人で動体視力を鍛えるトレーニングを続けることで、どんどんクレー射撃のレベルも上がっていきます。

 

>> 詳しくはこちら

 

 

 

トップページへ