長年口臭に悩んでる20代女性

長年口臭に悩んでる20代女性

Yahoo!知恵袋での口臭の悩みごとについてフォローしています。

 

まずは、知恵袋の質問から、

口臭。
長年口臭になやんでいる20代女性です。口臭はどうしたらなくなりますか?本気で悩んでいます。文章きちんと読んでいただいて、それぞれのQの質問に答えていただけたらと思います。

 

・空腹時口臭
仕事中、食事を取れずにフルで働くことがよくあります。(接客)
口臭には水分補給と言いますが、普段から口臭が気になっているので空腹時も水や白湯をガブガブ飲んでいますが、そうすると特に空腹時の場合は口の中が熱くなる感じがします。そういう時は大抵、水を飲んでるにもかかわらず口臭があるようです。
ちょこっとパンやフルーツをつまむとか、そういう時間は取れますが、なにか物を口にしたら必ず歯磨きしないと怖くて人と話せません。ですが歯磨きする時間はないけど空腹なので、フルーツなら大丈夫だろうと少しの間食(リンゴ一切れ)食べてすぐ接客に臨んだことがありますが、そしたらお客さんが鼻をすすり始めました。気のせいではなく、臭いのだと思います。

 

Q1.空腹だから物を口にしたのに、それで臭いって、そしたら私はどうしたらいいんでしょうか?
なにを食べたら臭くないのですか?空腹時はどうしたらいいのですか?

 

・食後
例えば人と食事に行った際はなるべく無難な食べ物・飲み物を頼むよう心がけています。
しかし人と食事に行った時なんて、ほぼ歯磨きできる状況にいないので、とりあえずトイレで口をゆすぐ程度はしてます。

 

Q2.
食べた物自体の臭いが口臭として現れるのではないかと不安なのですが、これはどうなのでしょうか?
食事をしながら話している最中、臭いますか?
食後お店から出て、隣で話しながら歩くのがとても怖いです。口をゆすいだとしても、隣で歩きながら話すとやはり臭いですか?歯磨きできない状況の時はどうしたらいいですか?

 

Q3.
私の周りにはなにを食べても、歯磨きしなくても全く臭わない人って人の方が圧倒的に多いのですが、私となにが違うのでしょうか?
歯磨き・舌磨きを毎日3回時間をかけてしています。歯並びはよく、歯医者さんに褒められる歯をしています。歯周病もありません。
口の中で考えられるのは、舌です。
舌磨きは、口の天井にこすりつけて磨く方法と、舌の奥の方だけは歯ブラシで軽く磨いてます。
磨かないと磨かないで、臭いが出ると思うのですが、磨きすぎてもよくないと言いますね。
しかし、一日磨かないでいると真っ白になるのです。

 

 

これらになにかアドバイスをください。

 

 

この方のように、20代の女性で口臭の悩みを抱えている方はとても多いです。
だれにも相談できないのが口臭の悩み。

 

でも、この方のような症状の方でも、原因と治療をしっかりと行えば完治します。
口臭はこれまでも、これからも自分の悩みとして抱え込まないで、1日も早く本気で治療しましょう。

 

 

そうした方を専門に治療している口コミで評判の東京渋谷の口臭外来で
無料カウンセリングと無料の口臭測定を行ってくれます。

 

空腹時、緊張時、疲労時、ストレスが多い状態、寝起き時、スポーツを行った後、
生理周期、妊娠時、加齢期など・・・。

 

口臭で悩んでいる方の多くは、人に相談できずにひとりで悩んでいます。
勤め先や会社でいつも自分のきつい口臭が気になって、不安でいっぱい。

 

口臭いわよ!

 

他人から言われたら、ショックで落ち込んじゃいますね。
そんな方にカウンセリングと簡易測定を無料で行ってくれます。

 

ご紹介の東京で数少ない口臭治療に特化している【バイオクリニック東京】は
口臭外来専門の歯科医院です。

 

 

■口臭治療の専門プロがカウンセリングを行ってくれます。(無料)

 

あなたの口臭についてのお悩みを丁寧に伺い、口臭についての基礎知識やどのような治療方法があるかなどの
詳細についてわかりやすくご説明していただけます。

 

口臭が気になるタイミングや時間帯、歯磨きの回数、あなたが口臭に気づいたキッカケなど
口臭全般についての現在の様子などを丁寧に伺ってくれます。

 

■口臭の簡易検査測定を行ってくれます。(無料)

 

※もちろん、守秘義務は厳守しますし、もし言いにくいこと等あれば配慮してくれます。

 

 

・カウンセリングを受診いただいた方に、ケアグッズをプレゼント(毎月先着50名様)
・個室あり、秘密厳守、看板に「口臭」と掲示していないので、口臭治療に通っていることを悟られずに通院できます。

 

 

 

【バイオクリニック東京】
診療科目:歯科 口腔外科
診療時間 10:30〜20:00 土日祝 9:00〜18:30
渋谷区渋谷3-16-2 ニュー三水ビル4F
渋谷駅新南口徒歩1分 渋谷駅JR東口方向から徒歩3分

バイオクリニック東京での無料カウンセリングと無料簡易検査の実際

バイオクリニック東京でのカウンセリングと簡易検査がどのような流れで行われているのかを
実際の手順を詳しくお伝えします。

 

【事前メール予約】

 

最初に受信日の予約を取ります。無料の口臭カウンセリングと口臭検査は、とても人気なため予約が必要ですが、
メールで第一希望から第三希望までの希望日が予約できますので、必ずメールで行いましょう。
スタッフの方の窓口での予約は、時間的にもなかなか難しいようですので、メールでの予約がスタッフに対しての心遣いばかりでなく、予約日をメールするだけで簡単に予約できるようです。
>>メール予約はこちら

 

 

【ステップ1、カウンセリング】

 

 

最初に口臭についてのお悩みのご相談から伺ってくれます。
その後、口臭全般についての基礎知識や治療の詳細等を丁寧にご説明してくれます。

 

次に、口臭が気になるタイミングや時間帯、歯磨きの回数、さらには口臭に気づいたキッカケや現状などを伺ってくれます。
これは、口臭解決はもちろんですが、生活や体質改善などによって口臭が気にならないで過ごせるために必要なためです。

 

また、治療している病気の有無、生活習慣の要因となる口臭原因なども詳しく伺ってくれます。
もちろん、守秘義務厳守ですので、もし言いにくいこと等あれば配慮しますので、遠慮なくお話ししましょう。

 

 

【ステップ2、基本検査と施術】

 

問診と尿検査、口腔内検診による口臭原因のチェック。

 

 

尿検査は、体に異常がないかの検査で、病気が見つかったときは専門の耳鼻咽喉科・内科などをご紹介してくれます。
また、よくあるケースでの歯周病やむし歯、不良補綴物(古い銀歯など)などが見つかった場合には、
それらの治療が優先であると教えてくれます。

 

 

【ステップ3、精密検査と施術】

 

1)口臭の原因となるガスの検査1 ツインブレーサー

 

 

最初に口臭原因の主なものである揮発性硫黄化合物(硫化水素、メチルメルカプタン)という物質をツインプレーサーでチェック。
口腔内のガス、呼気と口腔内ガスの混合、呼気のみの3種類の口臭を正確に検査します。

 

 

2)口臭の原因となるガスの検査2 BBチェッカー

 

 

口臭原因であるガス・物質をBBチェッカーにより、口腔内ガス・呼気ガス・鼻腔ガスに分類します。
口臭原因が、口腔内・呼気・耳鼻咽喉領域の問題によるものかを詳しくチェックします。

 

 

3)口臭の原因となる菌の検査 アテイン

 

 

口臭発生をさせる菌の嫌気性菌の存在量をアテインという器械で検査します。
嫌気性菌は悪臭要因となるガスを発生させるためにその存在量をチェックし続ける必要があります。
この検査により口臭発生の可能性を分析し、ガス量によりその活発度をチェックすることができます。

 

 

4)唾液の検査

 

 

唾液は口の中ではとても重要な役割を担っていますが、唾液の状態が悪いと口臭の要因につながります。
唾液の臭い・性質・濁り具合などを薬剤による検査でしっかりとチェックします。

 

 

5)舌の検査

 

 

舌はいろいろな病気の症状を確認できます。舌の乾燥具合をモイスチャーチェッカーで計測します。
まや、舌のコケといわれる細胞の舌苔の付着がないかなどを診察し、舌の状態を確認します。

 

 

【ステップ4、人間による官能検査】

 

各器械による検査の他に専門医師の主観による官能検査も重要となります。
多くの治験を観察し、実際の息のニオイを判断できる専門医ならではの検査です。

 

多少、患者さんは恥ずかしいと思うかもしれませんが、現在の口臭状態をしっかりと把握し、
また、改善された場合の官能検査との違いなどによりどの程度良くなったのかを器械だけでなく、
実際のニオイをもとに判断できる重要な確認検査となります。

 

 

【ステップ5、その他口臭対策】

 

1) 舌の位置の指導
2) 口腔内クリーニング
3)ブラッシング指導
4)生活習慣指導
5) 体質改善

 

口臭対策のためには日頃から、できることを行うことはとても大切なことです。
そのために、舌の位置の指導や口腔内クリーニングの仕方などもポイント事項ですので口臭対策の必要性を
患者さんに理解していただくことも必要です。

 

口臭対策のためには、お口のなかの衛生環境がかなり重要ですので当然クリーニングの仕方やブラッシング方法など
知っておくことが大切ですし、日常生活で実践も心掛けたいものです。

 

特に、最近は生活習慣が大きく変化していますので、たとえば、歯磨きのタイミングや仕方はじめ、
食べ物の選択方法、水分の摂り方やタイミングなど口臭に関係する日常環境が良くなるようにすることが大切です。

 

口臭は最終的には体質の問題であるとよく言われます。たとえば、熟睡できない、疲れやすい、ストレスを受けやすいなどによっても
唾液の分泌量が低下します、それによって免疫力が低下し口腔内の細菌が大量に発生し、口臭要因となる場合がありますので、
口臭の原因の解明だけでなく予防や治療が口臭衛生に必要となります。

 

バイオクリニック東京はカウンセリングと口臭検査が無料!!

 

 

 

【バイオクリニック東京】
診療科目:歯科 口腔外科
診療時間 10:30〜20:00 土日祝 9:00〜18:30
渋谷区渋谷3-16-2 ニュー三水ビル4F
渋谷駅新南口徒歩1分 渋谷駅JR東口方向から徒歩3分

 

 

 

トップページへ

口臭で女性の方が男性より悩んだり、気にしている!その対策は?

《口臭》誰にも言えずに悩んでいませんか?バイオクリニックにご相談ください

 

口臭というと男性の方が、女性より悩んでいると思いがちですが、
実際は、女性の方が自分の口臭だけでなく体臭についても悩んでいる割合が多いのが実態です。

 

そもそも、女性と男性では口臭に対する認識に違いがあります。
一般的には男性の口臭に対して嫌な思いをされた方が多いと思いますが、
女性は口臭に対して男性よりも敏感に反応します。

 

口臭や体臭対策として女性の方は、サプリメント、フレグランス、香水、お化粧のニオイなど
男性よりはるかにニオイのあるものに関わりをもっています。

 

それに比べて男性は、ヘアー、鼻毛、寝ぐせなどニオイ以外のことに気を使っています。
ですから、朝の口臭なども女性の方が男性以上に気にかけています。

 

男性の口臭に対する悩み度より女性の悩み度の方がはるかに高いのが実際です。

 

女性の朝の口臭対策は?

 

朝は口臭が臭うというのは、病気ではありません。
ただ、寝起きにすぐに反応するのが、口臭ということもありますから、当然自分の口臭のニオイが真っ先に気になるわけです。
まして、男性より女性の方がニオイに敏感に反応しますから、気になっている女性はたくさんおられます。

 

では、女性の寝起きの口臭対策はどうしたらよいのか?改善方法も含めてお伝えします。

 

【口臭対策】

 

■口臭が発生しにくい環境を作る

 

口臭は、口腔内の乾燥に起因していることが多いですので、乾燥を防ぐため水分などによって口の中のうるおいを作り出すのがポイントです。
よく長い時間おしゃべりなどすると口の中の水分が蒸発などによって少なくなり、乾燥がちになります。

 

会議などでもお茶やペットボトルなどの飲料水をテーブルに置いてありますが、話すことで口が乾燥しやすくなるため、
口がなめらかに話しやすくなるための配慮ですね。口に水分を流すことで口腔内に適度な湿度を保つことができます。

 

また、口の中の唾液が不足すると話しづらくなったりすることもありますので、水分などの補給などで口の乾燥を防ぐのもよいことです。
ところで、唾液のニオイが気になるという女性もいると思いますが、唾液自体はニオイの原因となることはありません。

 

唾液がニオイにつながるというのは、口の中が乾燥してくることによって口臭となるのですから、
唾液自体の分泌量が増えることで口臭が防止できますから、できるだけ乾燥しない状態にすることがポイントです。

 

日常生活でも、こまめに水分補給を行うことで、唾液が出やすい口腔環境を作ってあげることが必要です。
でも、夜の睡眠中になかなか水分補給もできませんから、そのためには寝る前にたくさんは必要ありませんが水分を摂ることが効果的です。

 

寝る前に多少水分を摂ることで就寝中は口の中も乾燥せず、湿り易くなります。
寝ている間でも体の機能は働いています。寝る前の適度な水分補給は機能全体にも作用します。

 

ただ、あまり摂り過ぎて夜中に何回もトイレに起きるのは逆作用で睡眠不足になりがちなので注意しましょう。
寝る前の水分補給だけなら、それほど胃にも負担がかかりませんので、朝の口臭対策としてできる就寝前の水分補給は効果があります。

 

 

■就寝中はマスクをして寝る

 

口臭対策としてニオイの発生しにくい環境として口腔内を水分補給によって湿らせることを前提として、
次にできることは就寝中はマスクをして寝る習慣がポイントです。

 

よく、マスクをして寝るという方の中には、俳優、歌手など声を仕事にしている方もおられます。
朝起きたら、喉風邪なんてことになると日中の仕事に差しさわりがありますね。

 

マスクをして寝ることは口臭対策だけでなく、風邪予防にも効果があるのです。
マスクをすれば、寝ている間の口の乾燥を防ぎ、風邪のもとである雑菌の繁殖を抑えることができます。

 

前述のように、就寝前に水分補給をしたり、うがいをするだけでも、口の中の乾燥を防げるので、
風邪の雑菌繁殖を抑えることにつながります。雑菌は乾燥状態を好むのです。

 

普段、風邪をひかなくとも口の中には雑菌がいますから、マスクをすることは効果があります。
口臭の原因のひとつには、この雑菌の繁殖が考えられますから、寝ている間に口の中が乾燥し、
雑菌がニオイとなって朝に口臭となるわけです。

 

中には、蓄膿症や鼻炎という方もおられますが、そうした方の場合もマスクをして寝れば、鼻の病気によって夜中に口で
呼吸することがあったとしても、マスクをしていることで口呼吸による乾燥を防止することができます。

 

マスクは呼吸による適度な湿度と乾燥を防いでくれるため、マスクの保温性も高まり、寝ている間の呼吸に適度な湿りを与えます。
外気温がとても低い時なども、冷たい冷気を呼吸することで口腔内に取り込むのを防止できます。

 

マスクは口呼吸をする方にもとても良い効果がありますから、蓄膿症や鼻炎などの方の口臭予防にもたいへんよいのです。
また、いびきをかきやすい方の場合、どうしても口呼吸になり易いですからマスクでの就寝をおすすめします。

 

口臭の元となる口呼吸を防ぎ、就寝中の口の中の乾燥を防止することで億単位もある雑菌の繁殖を抑え、
朝寝起きの口臭を軽減することができます。

 

 

■寝起きには水分補給

 

就寝前の水分補給とマスクによる口腔内の乾燥を防ぐことに気を配る他に、寝起きにも水分を補給しましょう。
寝ている間はなかなか水分補給をできませんので、多くの方は寝起きは、多少なりとも口の中が乾燥気味です。

 

それによって、口臭が発生していることに気がつくのが一般的です。
寝ている間は、口の渇きによる乾燥状態が続いているのでどうしても寝起きは口臭が発生しやすい状態にあります。

 

そんな時は、水分補給で口腔内や喉などを潤すことで口臭を軽減できます。特にニオイに敏感な女性ほど水分補給が必要です。
もちろん、寝起きにうがいをすることも効果的です。寝ている間に発生した雑菌をうがいをすることで洗い流せば、それだけニオイを軽減できます。

 

一般的には水道水を飲むことで十分ですが、ニオイの原因を作り出す飲料水は避けた方がよいでしょう。
いくら口の中を湿らせるといっても糖類を含んだ飲み物やコーヒーなどもよくありません。

 

水道水なら無味・無臭ですから、朝一の水分補給には良いと思いますが、さらに寝起きに限らず、寝る前も含めて日中でも水分補給に
最も適したものは水素水です。水道水に含まれる多少の雑菌や残留塩素はあまり問題にはならないのですが、水素水なら
残留物もありませんし無味・無臭ですし、さらに体内の悪玉活性酸素を除去してくれますから、口臭を気にされている方の飲み物としては最適です。

 

口臭のみならず、水素水は体内のニオイの原因を取り去る作用がありますから体臭で悩んでいる女性の方には一番良い飲み物です。
むしろ、口臭だけでなく体全体のニオイ、体臭を改善してくれますし、その上、体調不良による口臭、疲れやストレスからの口臭などの
防止にも効果がありますから、口臭で悩んだり、気にかけている女性にはおすすめです。

 

 

■夜の食事

 

夜の食事が原因となって口臭が強くなることもあります。夜の宴会や懇親会などでの暴飲暴食を慎みましょう。
暴飲暴食はお腹にいつもより過度な負担をかけてしまいます。負担がかかったまま寝ることで胃腸に負担がかかり、
寝ている間によく消化しないということが起こります。それが朝の口臭となって表面化してきます。

 

特に、お腹の弱い女性や虚弱体質の女性の場合、口臭の原因となることが多いです。
また最近の生活習慣の変化によって夜食をする女性も多くなってきています。

 

このことも口臭の要因となっています。また夜遅くにコーヒーや刺激物などを飲食することもよくありません。
夕食時でもそうした口臭の原因となる飲食物は、できるだけ避けるようにしましょう。

 

さらに、アルコール類もできるだけ控えましょう。アルコールは一見、水分を補給しているように感じるかもしれませんが、
逆に、体内の水分をどんどん蒸発させ、口腔内の水分量も減らしていきます。つまり、アルコール飲料は口の中を乾燥させる要因になっているということです。

 

乾燥すれば、当然唾液の分泌量も減少し、口臭を誘発することにつながります。
アルコールを飲むとどうしても刺激の強いおつまみや食べ物が欲しくなります。

 

また、口の中や胃が多少麻痺するため暴飲暴食になりがちです。こうなると口臭の原因となり、まして夜遅くまでアルコールを
飲料すれば、朝の寝起きの口臭もきついニオイとなるのは避けられません。

 

アルコールは控えめに飲むことが口臭予防にもつながります。
また、アルコールを飲みながら、他の飲料、例えば水やミネラルウォーターを飲むとか、
ウイスキーなどであれば水やミネラルウォーターなどで多少なりとも薄めて飲むことも良いことです。

 

 

【女性の口臭対策まとめ】

 

■口臭が発生しにくい環境を作る
■就寝中はマスクをして寝る
■寝起きには水分補給
■夜の食事

 

女性の口臭対策では、寝起きからの口臭をスッキリできれば、一日口臭をさほど気にしないで過ごすことができます。
朝一で口臭が気になると一日中口のニオイが気になってしまします。そんな経験あなたもありませんか?

 

口臭は基本的に口臭が発生しにくい環境改善が必要です。
たとえば、胃腸や蓄膿症などといった体内からの口臭原因があるときは、それらの治療が必要です。

 

その上で、口臭に対する考えや意識をしっかりと理解することも大切です。
口臭に対する基本的な事項を知ることによっても、口臭衛生に対する認識が変わってきます。

 

>> 【バイオクリニック東京】公式サイトはこちら

 

 

 

トップページへ