口臭と舌

口臭と舌との関係についてお伝えしています。

 

口臭を気にしている方には、舌のニオイが原因ではないかと思っている方もおられます。
口臭の原因はさまざまありますが、舌の場合には舌苔(ぜったい)が原因と考えられています。

 

舌苔は、舌の表面についている苔状のもので、ブツブツした白っぽい色や黄色っぽい色をしています。
これは、口臭の原因物質となる食べかすや細菌が表面に付着してニオイとなって呼吸を通して排出されます。

 

通常は、唾液や水分を取ることなどでこれら付着物は流されて、舌が正常な状態を保っていますが、
口が渇いて唾液量が少なくなってきたりすると舌苔からきつい口臭が発生してきます。

 

よく、お口の中をいつもきれいに清潔にしておくと口臭があまり感じれれないと言われますが、
食事後や食べ物を食べた後には、歯磨きすることも良い方法です。

 

でも、歯磨きをしているのに口臭が発生してくるという場合は、舌苔上の揮発性硫化物(*)が発生の原因となっています。

*口臭は口の中から発生します。口の中の表面を覆っている粘膜細胞というものは、他の細胞に比較して新陳代謝が活発です。そのため口の中の表面には不要となった細胞類が多数存在している状態となっています。一方、口の中の表面には、外部から入ってくる細菌を防ぐ白血球が多数存在しています。これら細胞や白血球の成分のたんぱく質は、常に口の中に存在している口内細菌によって分解され、このときに出てくるのがニオイの成分が揮発性硫化物です

 

舌苔の取りすぎには注意!!

 

一般的には、舌苔はどなたにもありますし、それ自体あるからといって必ずきつい口臭が出るということにはなりません。
先にもお話ししたように唾液が、正常な状態にあればニオイがきついということにはなりません。
ただ、何らかの原因(口が渇く、唾液が少なくなる、刺激物を摂取、あるいはストレスなど)がある場合には口臭が出てきます。

 

口臭の原因のひとつである舌苔を除去することで口臭を防ぐことができます。
舌専用のブラシなどを購入されてこまめにお手入れされている方も多いですね。

 

しかし、注意することは、舌苔の取りすぎです。

 

基本的に口臭が発生している場合には唾液量が少なくなっています。
この唾液の分泌量の減少によって、舌苔が付着しやすくなり、嫌気性菌が活発になりニオイがきつくなります。

 

唾液が正常な場合には、嫌気性菌も活発に活動しないため口臭はなくなります。
したがって、この嫌気性菌の増殖を抑えることが口臭をなくすためのポイントになります。

 

また、体調が悪い、胃腸が弱っている、ストレスを抱えている、自立神経失調症といった場合にも
舌苔が付着しやすいといわれています。
つまり、一般的な病気と同じように免疫力の低下などによって唾液にも影響与えたり、口腔内の環境が
著しく損なわれているなどの状態の場合も嫌気性菌が活発化し、口臭がきつくなることもあります。

 

では、なぜ、舌苔の取りすぎが良くないかというと正常な唾液をも取り去るため、唾液の分泌量が減ってしまうためです。
また、舌を磨き過ぎることで舌の表面に傷がつき、剥離した粘膜が唾液に混ざって白濁してしまいます。
このことは、口臭の原因である嫌気性菌が増殖するための栄養となり、唾液中の酸素の量も減ってしまい、
口臭を発生させる嫌気性菌が繁殖しやすい状態となってしまい、口臭を減らすための舌苔が逆に増えてしまいます。

 

口臭専門医の話によれば、過剰な舌磨きによって、さらに舌苔が厚くなり元に戻りにくくなってしまうこともあり、
そうした場合に味覚障害を引き起こしてしまうこともあるそうです。

 

舌苔の取りすぎことは、なんら口臭を減らす役には立たないということです。
むしろ、正常な唾液分泌ができている状態を維持することが口臭予防の第一歩といえます。

 

舌苔の除去

 

口腔内で最も多くの揮発性硫黄化合物を作りだすのは舌ですが、口腔内の環境を整えることが口臭予防につながります。
一般的には、舌苔の除去するには、舌ブラシや舌ベラを使用しますが、舌ベラは舌ブラシに比べて効果が劣ります。

 

家庭内で行う場合は、市販の舌ブラシでも十分ですが、特に口臭がきついという場合には、
専門の口臭外来を受診することをおすすめします。
舌表面が傷ついていたり、粘膜が剥離している場合には、自分で舌ブラシを試みてもあまり意味がありません。
また、洗口剤や口臭予防剤などは、基本的に補助的療法にすぎませんので、あまり効果を期待せずに単なる予防と考えましょう。

 

舌ブラシを使った場合は、舌ベラに比べて揮発性硫黄化合物の減少効果が高くなり、
かつ持続時間が長くなりますから、舌ブラシを推奨します。
舌ブラシでは、舌の隙間、舌乳頭間にまで入ってより的確に除去できますので、
口臭が気になってしょうがない方は舌ブラシを使うとよいと思います。

 

また、具体的には舌の前方はブラッシングする必要がありません。
舌ブラシを後方の溝にあてて、必ず後方から前方への一方向のみでかきだします。
正しい舌ブラシの使い方をお知りになりたい場合は、専門の口臭歯科医院で詳細についてお聞きするのも良いと思います。

 

ご紹介の東京で数少ない口臭治療に特化している【バイオクリニック東京】では
舌ブラシの正しい仕方などを教えてくださいます。

 

■口臭治療の専門プロがカウンセリングを行ってくれます。(無料)

 

あなたの口臭についてのお悩みを丁寧に伺い、口臭についての基礎知識やどのような治療方法があるかなどの
詳細についてわかりやすくご説明していただけます。

 

口臭が気になるタイミングや時間帯、歯磨きの回数、あなたが口臭に気づいたキッカケなど
口臭全般についての現在の様子などを丁寧に伺ってくれます。

 

■口臭の簡易検査測定を行ってくれます。(無料)

 

※もちろん、守秘義務は厳守しますし、もし言いにくいこと等あれば配慮してくれます。

 

 

・カウンセリングを受診いただいた方に、ケアグッズをプレゼント(毎月先着50名様)
・個室あり、秘密厳守、看板に「口臭」と掲示していないので、口臭治療に通っていることを悟られずに通院できます。

 

 

 

【バイオクリニック東京】
診療科目:歯科 口腔外科
診療時間 10:30〜20:00 土日祝 9:00〜18:30
渋谷区渋谷3-16-2 ニュー三水ビル4F
渋谷駅新南口徒歩1分 渋谷駅JR東口方向から徒歩3分

 

 

 

トップページへ