脱毛予防

脱毛予防についてお伝えしています。

脱毛といっても、高齢者の問題だけという訳ではありません。
最近は食生活や生活習慣によって20代以降から抜け毛が多くなる人もおります。
なかには30歳前後で薄毛、ハゲ状態という方もおられます。
脱毛を予防するためには、まず抜け毛や薄毛になる原因を考えなければなりません。
抜け毛が多くなったり、早くに薄毛になる原因はさまざまあります。
まずは、遺伝的な問題があります。
両親から受け継いだDNAにより遺伝因子のなかに多発性抜け毛や薄毛因子があることです。
遺伝因子の場合、早かれ遅かれ両親と同じような毛髪状態が発生する可能性がとても大きいです。
自毛自然移植などによる毛髪以外は、極端にいえば時間的なものであるといえます。

 

次に原因としては、食生活や生活習慣が関係しています。
毛髪を促す栄養を体内に取り込む食事に心がければよいのですが、
偏った食事やバランスなどで十分な栄養が取り込めていない場合、抜け毛になり易くなるといえます。
また、生活習慣のなかに、特筆すべきこととして髪の洗髪ということがあります。
髪を洗うという行為は、毛髪に適度の刺激を与えるということです。
この洗髪の頻度が極端に少ないと、毛根部分に皮脂がたまり髪の毛の発毛を妨げることになります。
この状態では、毛髪の正常な成長が難しくなり抜け毛となります。
また、過度な刺激の先発も抜け毛の原因となります。
時として皮膚を傷めたり、爪による洗い傷によって毛髪を傷めたりすることもあります。
適度なマッサージを伴った洗髪は毛髪を促進し発毛を促しますが、
そうでない場合は抜け毛を進行させることもあります。
さらに抜け毛の原因に男性ホルモンが関係している場合があります。
良く例えられる現象に女性の方が剛毛とか毛が濃いなどと言われることがあります。
これは男性ホルモンが多い場合に起こる状態です。
男性の場合、この男性ホルモンが少なく、毛髪を促す力が弱いために抜け毛や薄毛になることもあります。
他には、ストレスや極度の心配事がある場合も抜け毛などが起こり易くなるといわれています。

これは、ストレスや心配事による血流の滞留が原因で髪の毛に十分な栄養が生き届かなくなるためです。
人間の体は多くの水分と栄養補給によって維持されています。
これら水分と栄養が十分に行き渡らなくなると生成能力が衰えてきます。
ストレスや心配事を長期間抱えると食事も喉を通らなくなり、栄養不足になり、毛髪にも影響を与えてしまうのです。
毛髪に限った事ではありませんが、心と体のバランスは正常な発育のためには不可欠なのです。
そうした原因を一つ一つ改善することで脱毛予防につながります。

 

 

 

トップページへ