リアップとチャップアップ

育毛剤リアップとチャップアップはどちらがよいのか?

薄毛、ハゲ対策の効果的な育毛剤としていろいろな育毛剤がありますが、
正直、どれを選べばよいか見当もつきませんね。

 

 

有名メーカーのアデランスなどの育毛剤もありますが、
リアップなどCMでおなじみでご存知の方も多いと思います。

 

 

しかし、リアップは育毛効果はあると言われていますが、
半面、副作用もあるのをご存知の方は少ないと思います。

 

 

育毛剤は長期間にわたって使用しますから、
後から副作用の影響があっても取り返しがつきません。

 

 

そこで、おすすめの育毛剤がチャップアップです。

 

おすすめの主な理由は、

 

■厚生労働省が認可!
■100%無添加・無香料!
■全額返金保証!保証書付
■日本臨床医学発毛協会会長も一押し!
■利用者の97%が使用感に満足
■口コミや顧客満足度での反応はNO.1!
■第3者機関で商品検査を行っている
■放射性物質検査済み
■認定毛髪診断士が専属でサポート
■老若男女問わず広く使われている
■当方各育毛剤を試して実証済み

 

以上の点から副作用もなく、皮膚にやさしく作用し、
確かな効果が期待できるので安心して使えます。

 

毛髪対策は、早めの対応が大切です。
薄毛やハゲになる前からの育毛剤使用がポイントです。

 

早い段階で使用すれば、手遅れにならないと実感しています.

 

 

 

>> 育毛剤チャップアップ

 

 

抜け毛、薄毛、ハゲに関する基礎知識

【毛髪について】

 

脱毛というと抜け毛・薄毛・ハゲなどと一般的に言われる現象などですが、髪の毛は常に生まれ変わっています。髪が抜けるという現象は病気でもなく、誰にでも起こっている現象です。特別な病気がなければ、特に心配する必要はありません。たとえば、草木を考えてみますと、芽を出し、成長し、やがて枯れていきます。髪もこれら草木と同じなのです。草木は枯れて、やがて芽吹く時期がきて、また成長を始めます。いわゆる草木の成長サイクルです。髪も抜けるものもあれば、生えてくるものもあり、抜け落ちたからと言って全然無くなるという訳ではありません。ただし、人間の体の構造と同じように、永久に成長し続ける訳ではありません。体のいろいろな循環器機能が衰えて年齢とともに萎えていくように髪の毛も体の内的要因に多少影響を受けながら、だんだんと衰えていきます。それが、髪が抜ける、薄くなる、ハゲるという現象となって表れてきます。
そして、毛髪には毛周期という毛のサイクルがあります。

 


 

毛の毛周期は、【早期成長期】【中期成長期】「後期成長期】【退行期】【休止期】
というサイクルがあります。
【早期成長期】で、毛母細胞の分裂が始まり皮膚の中で毛の成長が始まります。
【中期成長期】で、毛母細胞が活発に分裂し、毛がより成長し、皮膚表面に出て伸びてきます。
【後期成長期】で、毛根が太く成長します。
【退行期】になると毛根の成長が止まり、毛が抜け落ちる時期に入ります。
【休止期】では、毛が抜け落ち、毛根が完全に退化します。

 

1本の毛のサイクルですが、毛髪は無数にありますので、抜ける毛、生える毛とさまざまです。一般に髪の毛は抜けるのが当たり前ですが、これは自然に抜け、生えるという毛周期のサイクルのなかで起きる現象ですので体の状態や生理的な面から人それぞれ違いがありますが、多く抜ける方と抜け方が少ない方、あるいは体内の栄養状態やバランスによって毛周期のサイクル期間もさまざまです。
抜ける量と生える量のバランスがある程度とれているためいつも髪の毛が同じようにあるように感じられるのです。ただ、このバランスが崩れて、生える量より抜ける量が多くなると薄くなるという現象が起きてきます。1日の抜ける量が100本程度はごく普通ですし場合によっては200本〜400本も抜けるときもあります。生える量が抜ける量に比例しているなら薄くなったとは感じませんが、抜ける量が断然多くなってくると薄毛になってきます。抜け毛、薄毛、ハゲという程度で進行するのですが、これらすべてが脱毛という現象です。また、年齢と共に脱毛状態が進行することは、生理的なことも含めてごく一般的なことです。草木に例えれば、木本体が老木になれば、枝や葉も当然伸びがなくなったり、葉がつかなくなります。毛髪も体の年齢が増して老齢になれば、毛の繁殖能力も衰えますし、毛髪の質も落ちてきます。高齢になってくれば、薄毛やハゲるということはむしろ自然なことです。

 

【脱毛予防】

 

脱毛といっても、高齢者の問題だけという訳ではありません。最近は食生活や生活習慣によって20代以降から抜け毛が多くなる人もおります。なかには30歳前後で薄毛、ハゲ状態という方もおられます。脱毛を予防するためには、まず抜け毛や薄毛になる原因を考えなければなりません。抜け毛が多くなったり、早くに薄毛になる原因はさまざまあります。まずは、遺伝的な問題があります。両親から受け継いだDNAにより遺伝因子のなかに多発性抜け毛や薄毛因子があることです。遺伝因子の場合、早かれ遅かれ両親と同じような毛髪状態が発生する可能性がとても大きいです。自毛自然移植などによる毛髪以外は、極端にいえば時間的なものであるといえます。

 

次に原因としては、食生活や生活習慣が関係しています。毛髪を促す栄養を体内に取り込む食事に心がければよいのですが、偏った食事やバランスなどで十分な栄養が取り込めていない場合、抜け毛になり易くなるといえます。また、生活習慣のなかに、特筆すべきこととして髪の洗髪ということがあります。髪を洗うという行為は、毛髪に適度の刺激を与えるということです。この洗髪の頻度が極端に少ないと、毛根部分に皮脂がたまり髪の毛の発毛を妨げることになります。この状態では、毛髪の正常な成長が難しくなり抜け毛となります。また、過度な刺激の先発も抜け毛の原因となります。時として皮膚を傷めたり、爪による洗い傷によって毛髪を傷めたりすることもあります。適度なマッサージを伴った洗髪は毛髪を促進し発毛を促しますが、そうでない場合は抜け毛を進行させることもあります。さらに抜け毛の原因に男性ホルモンが関係している場合があります。良く例えられる現象に女性の方が剛毛とか毛が濃いなどと言われることがあります。これは男性ホルモンが多い場合に起こる状態です。男性の場合、この男性ホルモンが少なく、毛髪を促す力が弱いために抜け毛や薄毛になることもあります。他には、ストレスや極度の心配事がある場合も抜け毛などが起こり易くなるといわれています。これは、ストレスや心配事による血流の滞留が原因で髪の毛に十分な栄養が生き届かなくなるためです。人間の体は多くの水分と栄養補給によって維持されています。これら水分と栄養が十分に行き渡らなくなると生成能力が衰えてきます。ストレスや心配事を長期間抱えると食事も喉を通らなくなり、栄養不足になり、毛髪にも影響を与えてしまうのです。毛髪に限った事ではありませんが、心と体のバランスは正常な発育のためには不可欠なのです。そうした原因を一つ一つ改善することで脱毛予防につながります。

 

 

トップページへ戻る