美肌菌スキンケアでエイジングケア

美肌菌スキンケアならエイジングケア効果のあるビオサプで!

ビオサプスキンケアで美肌菌エイジングケアを始めてみませんか?

 

敏感肌、乾燥肌、肌荒れトラブルなどビオサプ美肌菌スキンケアで解消!!

 

美肌菌によるスキンケアは女性誌編集者や美容ライターが絶賛し、多くの女性雑誌に取り上げられています。

 

MAQUIA Ray 婦人公論 ジンジャー レジーナプレミアム 美的  UP(ビーズアップ)・・・

 

肌の表面には多くの菌がすんでいて、 そのなかには汗や皮脂をたべて
天然のうるおい成分を生み出してくれる 「美肌菌」が存在しています。

 

ただ、「美肌菌」はちょっと洗顔するだけでも洗い流されてバランスが崩れてしまうくらい繊細。

 

だけど、きちんと育ててあげればうるおい成分をつくり続けて、
肌をトラブルから守る“バリア機能”を発揮してくれる心強い味方になります。

 

「美肌菌」を育てて、キレイな肌の土台をととのえるスキンケア。

 

その土台の上に、さまざまな肌悩みに対応するエイジングケア成分をしっかり補強し、
年齢を感じさせない、トラブルに負けない肌へ。

 

それが美肌菌を活躍させるスキンケア「ビオサプ」です。

 

 

美肌菌はそもそも人の肌にいるものなので、増えることによるリスクはほとんどありません。
むしろ美肌菌が少なくなり悪玉菌が優位な状態は、肌トラブルの原因になるのでできるだけ避けたいものです。

 

また、美肌菌のはたらきは加齢により減少したり、効果が弱くなったりしないのが良いところですね。

 

美肌菌は年齢に関係なく、どんな肌にも負担をかけずに作用!

 

0歳の肌の上でも、50歳の肌の上でも同じようにNMF(天然の保湿成分)を生み出してくれます。

 

とはいえ、美肌菌の食事になる皮脂の分泌量は年齢とともに減っていくため、
美肌菌を育てるためには、常に美肌菌に栄養を与えることが必要です。

 

肌の表面にバランス良く美肌菌がある状態を維持してあげれば、つるんつるんの肌状態でいられます。

 

このバランスを崩す要因の一つが洗顔です。

 

洗顔は大切な美肌のためのポイントです。

 

スキンケア洗顔フォームやクレンジングオイルなどは洗浄力が高く、
美肌に必要な油成分や潤い、さらには美肌菌までも洗い落としてしまいます。

 

洗顔のしすぎが肌トラブルの原因にもなりますし、場合によっては他の保湿液、美容液では改善しなくなります。

 

よく、ニキビや肌荒れを気にかける方に洗顔はしっかりと行うという方が多くいますが
美肌菌をどんどん洗い流すのは逆効果となります。

 

美肌菌による洗顔やスキンケアで今、美肌菌エイジングケアが注目されている理由はここにあります。

 

 

【スキンケアで美肌エイジングケアに効果!美肌菌のスゴイはたらき】

美肌菌が肌の潤いを24時間守ってくれます!

 

美肌菌は、肌トレブルを防ぐバリア機能を発揮!

 

美肌菌は年齢に関係なく、どんな肌にも負担なく作用!

 

 

  ・年齢肌が気になり始めていませんか?

 

  ・お肌の疲れが気になっていませんか?

 

肌荒れ、むくみ、しわ、シミなどのエイジングサインが出る前に
しっかりと美肌菌スキンケア対策をしましょう!!

 

 

【美肌菌ビオサプスキンケアシリーズ】

 

【美肌菌ビオサプ クリーミーホットクレンジング】
■ダブル洗顔不要のクレンジング

 

柔らかいジェル状のクリーミーホットクレンジングが、お肌の隅々までキメ細かに馴染むクレンジング。
顔全体をやさしくマッサージしながら馴染ませると、疲れたお肌をソフト感覚で休ませてくれます。

 

しっとり感がたっぷりでもクレンジング後のつっぱり感がなく、とてもお肌にやさしさを感じさせてくれます。

 

敏感肌、乾燥肌、肌荒れトラブルなどの方におススメのクレンジングでお肌に負担をかけません。
心地よい温感効果でメイクや毛穴の汚れを浮き上がらせ、しっかり落としてくれますので、
化粧水でのお手入れ前からうるおいを感じられる美肌クレンジングです。

■クリーミーホットクレンジング口コミレビュー

いくみさん(東京都)
まつ毛エクステをしているのですが
これならばえくすても取れずにクレンジング出来ます。
なかなかエクステ対応商品はクレンジング効果が低いのですが、こちらは効果大きいです。
太陽と月さん(鹿児島県)
ほんのり温かいのが心地よいです。
お肌を労わってるという感覚が嬉しいです。
きれいになりたいさん(大阪府)
心地よい温かみできれいにクレンジング出来ます。
お風呂の湿気で若干柔らかくなるので出来でば入浴前に使用お勧めします。
美容大好きさん(大阪府)
ジェルタイプのクレンジングは取りきれなかった利することが多いですがこれはしっかりとれますね。
肌に乗せるとじんわりあたたかくなっていきます。
いちごさん(東京都)
クレンジングはしっかり落ちるタイプが好きなのですが、クリーミーホットクレンジングは肌への伸びが良く、洗い上がりもいいです。
大容量なのでたっぷり使えます。

 

【美肌菌ビオサプ スピーディーモイストウォッシュ】
■忙しい朝の簡単洗顔

 

キメ細かい泡がお肌の隅々まで磨き上げてくれ、泡立てずに肌になじみ軽くすすぐだけでOK。
汚れだけをしっかり取り除きながらも、うるおいはちゃんと守ってくれ、しかもしっとりなめらか。

 

洗浄成分は含まれず、過剰に洗いすぎなくても美肌菌を守ってくれる朝用の洗顔料です。

 

■スピーディーモイストウォッシュ口コミレビュー

千秋さん(東京都)
乾燥の季節、朝の洗顔で顔が突っ張ることが多かったのですが、この洗顔は良いです。洗いあがりもモチモチしっとりしますよ。
かみいとえさん(大阪府)
まず、余分な汚れや皮脂をとらずにいい時間帯で朝洗顔に良いですね。
よるは何か物足りないと思います。

 

【美肌菌ビオサプ アドバンスエッセンス】
■濃厚なうるおい補給

 

肌にしっとりとなじんで、うるおいを感じられるローション状の心地よい美容液です。
ふっくら感のあるリッチ感覚なテクスチャーがお肌にアプローチし、みずみずしさを実感できます。

 

乾燥肌や敏感肌の方でも十分納得できるふっくらイキイキ感を保ってくれます。
エイジングケアになくてはならないアイテムで長時間、うるおいをキープしてくれるアドバンスエッセンスです。

 

■アドバンスエッセンス口コミレビュー

さくらさん(大阪府)
まず2週間程使用してみてほしいです。
そして間をあけてみたら一目瞭然です。
はっきりと違います。
あれ?あのもっちり感が無くなります。
ビオサプさんの大ファンです!!!
どろっとしているで肌にどんどん入っていく感覚。
翌朝よかったと思います。
みぃ?さん(福島県)
朝、晩使用してから一カ月未満です。
敏感で混合肌ですが、問題なく使い続けています。週3?4は夜顔を蒸しタオルを使ってからエッセンスをつけると、スゥ?と肌に浸透するのがわかります。それがなんとも言えないくらい心地よいです。
みかんさん(埼玉県)
とろみがあって、肌にのせるとスーっと肌に入っていくような感じで浸透がよかったです。水分がいきわたって乾燥しらずでした。
のんさん(愛知県)
たっぷりめに使って、3ヶ月でなくなりました。
30代に入ってずっと大人ニキビに悩んでいましたが、こちらを使い出してから出来にくくなりました。そして今、アドバンスエッセンスがなくなったので別の化粧水を使ってますが(オ○○ス)、またニキビ出てきたのでリピートしようかと思ってます。

 

【美肌菌ビオサプ アドバンスリッチクリーム】
エイジングケア成分をたっぷり補給

 

肌表面を濃密なうるおい成分でたっぷりと包み込み保湿やバリア機能がしっかりとキープできる高保湿ジェル。
ベタつき感は全くなく、お肌の隅々までたっぷりと水分補給でき、お肌の角層にもしっかり浸透してくれます。
特に、美肌菌が作用しやすい環境をととのえるバイオエコリアを、ビオサプシリーズの中で最も高配合。
その成分が肌に負担をかけずにどんどん浸透して、ふっくらとした透明感あるお肌へと導いてくれます。

 

乾燥肌、敏感肌の方でも夜に使うと、翌朝ふっくらとしたお肌に感動します。
保湿クリームはやさしく肌に馴染ませるのがポイントです。

■アドバンスリッチクリーム口コミレビュー

マルチーズ ロイさん(福井県)
少ない量でとても伸びが良いです。洗顔後にケアしてこれでふさいであげれば翌朝しっとりします。
ヒアルロンサン、プラセンタなど30代以降に必要な成分配合されています。
付け心地もしっかり浸透するのにべたつきません。
りんごさん(東京都)
乾燥肌なので、保湿には気をつけていますが、しっかりのびてフタをしてくれるかんじです。
少々お高い気もしますが、少量でも顔全体に広がるので 長く使えると思います。
あきまこさん(大阪府)
べたつきがなくて良いですね。翌朝もっちりしっとりとしています。
ぜひぜひライン利用していきたいです。
マグコップさん(東京都)
値段は高いと感じますがビオサプさんの商品をラインで使用したかったので購入しました。
年齢を重ねている方にお勧めかな?
洗顔後の潤い不足を補ってから保湿で閉じ込める。
私は朝は違うものを使用していましたが
最近は朝もこれを取り入れています。
お化粧をしない日だけです。
よるは毎日使用していたら翌朝のもっちり感まったく違います。

 

 

【美肌菌を増やすことが美肌スキンケアの第一歩!】

 

お肌には、どなたも美肌菌が存在しています。

 

この美肌菌は、本来、人の肌にあるものですから、肌を害するものではありません。
むしろ、肌を活性化させたり、美肌を維持するのに必要な菌なのです。

 

ふだん、何気なく化粧していても肌には美肌菌が存在しているのですから、
美肌菌に悪影響を及ぼす化粧品、クレンジングなどは使わないのが鉄則です。

 

この美肌菌がいるからこそ、若々しいお肌でいられるのですし、
美肌づくりには欠かせない菌なのです。

 

化粧品のアイテムの中に、この美肌菌を育てるものがあるものこそ、お肌に求められているのです。
美肌菌そもそもの働きや増やす方法をチェックして、よりイキイキとしたお肌を維持したいものですね。

 

 

そこで紹介しているビオサプスキンケア化粧品をもっとよく知るために美肌菌について詳しくお伝えします。

 

美肌菌について

 

美肌菌というと驚かれる方もいると思いますが、菌は一般的には、体に悪影響を当てるとものと思いがちですが、美肌菌に限らず、体にはいたるところに菌が存在します。菌は、良い菌と悪い菌がいますので、すべて菌が良くないということにはなりません。一例を上げると、お腹の中にも菌はいて、体に良くない物質が入ってくるとそれを退治するような働きをし、お腹の状態を正常に保ってくれます。こうした菌の働きは体の多くの部分で私たちが健康であるように作用し続けていてくれるわけです。これが善玉菌といわれるものです。一方、体に害を及ぼす要因となっているのが悪玉菌です。この善玉菌と悪玉菌がバランスよく体を構成しながら、人の体を健康な状態に維持していてくれるのです。
その中でお肌にも存在しているのが美肌菌といわれる善玉菌です。美肌菌が存在することで肌を健康な状態に保つことができますが、不足することによってお肌に多少なりとも悪影響がでて、場合によってはカサカサ肌など荒れた肌になったり、肌トラブルの原因となるのです。ですから、美肌菌をいつも適正な状態を保つようにしてあげることで肌に潤いやイキイキ感が生まれるのです。ただし、お話ししたように悪玉菌もいます。お肌のトラブルや肌あれなどが起こり易くなる悪玉菌の代表的なものが黄色ブドウ球菌やマラセチア菌といわれる菌で、皮膚炎などに悩まされているという方に多い悪玉菌です。最近は、アトピー性皮膚炎はじめ皮膚トラブルの症状がある方が多く、黄色ブドウ球菌などが多数ある状態になり、なかなか完治しないという方も多くみられます。また、肌は直接、間接的にいろいろな外部と接触する部位であるために風邪の菌やいわゆるばい菌などを簡単に肌に取り込むため、そのことによる肌トラブルに治まらず、細胞を通して体内まで侵入して発熱、下痢などの症状を引き起こすことがあるのはご存知のことと思います。善玉菌ならさほど問題ありませんが、悪玉菌の場合には、毒性の強い菌に侵されると命にかかわることもあります。手洗いやうがいといったごく一般的な方法でそれらは予防できます。一方、肌に常在している美肌菌は善玉菌であるため体に異常を引き起こすという心配はないのですが、肌荒れや肌トラブルに関係してきますのでいつも美肌菌が肌に適切な状態で有るようにしておく必要があります。もちろん、美肌菌はいつも肌に存在していますが、極端に少なくなるような場合には肌を正常に保つことができませんので、たとえば、洗顔をし過ぎるなどにも注意する必要があります。善玉菌の中で美肌菌として知られているのが表皮ブドウ球菌です。 その表皮ブドウ球菌は古くなった角質や分泌された汗などを分解して、保湿成分のグリセリン排出を手助けしています。この美肌菌が肌表面の角質を潤し、肌本来のバリア機能も働くようになります。角質には角質細胞があり、適度な水分やグリセリンが浸透することによって保湿状態を適切に維持できるため潤いある肌となるのです。また、角質を適切に維持してくれる潤い成分にセミラドがあり、このセミラドを善玉菌である表皮ブドウ球菌が作りだしてくれるため、肌の潤いをより円滑に保ってくれるのです。

 

美肌菌はどの程度、肌にあれば良いのでしょうか?

 

一般の化粧品を使っても美肌菌を増やすことはなかなかできません。保湿成分を含んだ化粧品や潤いをもたらす化粧品では美肌菌は増えません。逆に、肌に良くない化粧品だと肌に本来ある美肌菌を取り去ってしまうことにもなりまねません。また、洗顔で美肌菌を洗い落ちすことによっても肌荒れや肌トラブルにつながります。美肌菌は増やしてこそ肌に良いのですから、そうした効果のある化粧品を選ぶのがポイントです。先の表皮ブドウ球菌を増やすことができる、また、そうした成分を含んだスキンケア商品がもっとも効果的です。美肌菌は、悪玉菌と違って増えすぎたことによる弊害はありません。むしろ増やすことができてはjめて肌に効果的なのです。逆に、肌荒れや肌トラブルを起こさないためには悪玉菌が繁殖しにくい状態を維持できれば良いわけです。そのために肌は理想的には弱酸性の状態です。この弱酸性の状態を作り出してくれるのに貢献できるのが善玉菌である美肌菌です。この美肌菌を増やしてあげれば、肌が活性化し潤いが維持できるようになり肌荒れや肌トラブルを防止できるようになります。肌に潤いがあり、みずみずしい方の場合、お肌の善玉菌である美肌菌が豊かであり保湿度もよく、肌全体のバランスがとても良いので美肌を維持できています。考えてみれば当然のことですが、皮膚細胞は生きています。角質層、真皮など、どれも細胞菌としての美肌菌が適度な状態を保っているからこそ美肌状態であるわけです。美肌状態を維持するためには、さまざまなスキンケア化粧品は不要といっても過言ではありません。生きた美肌菌をより活性化させるスキンケアであれば問題ないのですから、美肌菌である表皮ブドウ球菌を増やすスキンケアが最適なのです。つまり、美肌菌を作り、育てるスキンケアです。肌はデリケートですので、過度なスキンケアでは逆効果となりますし、単に肌にやさしいからという理由で泡立ちの良い洗顔石鹸や洗顔料を使えば、肌の美肌菌は減少してしまいます。そのあとにいくら丁寧なスキンケアを行っても美肌菌は増えませんし、表面的にスッキリしたとしても肌は間違いなく疲労しています。

 

どんなスキンケアすれば、美肌菌が育つお手入れができるのでしょうか?

 

先の肌の洗い過ぎには特段の注意が必要です。基本的に洗い過ぎは美肌菌の減少です。スキンケアというとなにか、肌をしっかりとお手入れすることと思っている方が多いのですが、あくまで肌の汚れやメイク、さらにはほこりなどを除去するための手段がスキンケアです。洗顔やクレンジングで汚れなどだけでなく美肌菌まで除去してしまうスキンケアはいただけません。美肌菌はちょっと洗顔するだけでも洗い流されて肌のバランスがくずれてしまうほど繊細です。スキンケア洗顔フォームやクレンジングオイルなどは洗浄力が高く、美肌に必要な油成分や潤い、さらには美肌菌までも洗い落としてしまいます。洗顔のしすぎによって肌荒れや肌トラブルにつながり、重度の場合は、保湿液や美容液でのお手入れだけでは一向に改善しなくなることにもなります。特に注意が必要なのは、ニキビや肌荒れの方の場合、どうしても洗顔で清潔にしようとしたり、ニキビや肌荒れによる汚れを落とすために洗顔をあまりのもしっかりとし過ぎるため美肌菌をどんどん洗い流しているということがあります。これでは、肌は無防備状態となり、それに美容液などを使っても肌はしんだ状態となります。いくらお手入れしても根本的な解決にはなりませんね。極端にいえば、洗浄成分を含んでいない洗顔料を選ぶことが大切です。 肌に優しいメイク落としや洗顔料であるということは基本ですが、天然成分のもの、弱酸性でお肌に負担をかけないものが最適です。クレンジングでも柔らかいジェル状のクリーミータイプのクレンジングを使用して、肌の隅々まで馴染ませるのがポイントです。また、ダブル洗顔が不要なクレンジングなどが最適です。洗顔でもクレンジングでも洗い流すという感覚でなく、すすぐという感覚が正しい方法です。すすぐことで肌に対する負担を軽減させ、摩擦抵抗も少なくすることができます。摩擦や負担が大きいと、角質を洗い流し過ぎたり、傷つけてしまうことにより、美肌菌が減少してしまいます。美肌菌は肌には必要ななくてはならない菌だということを認識しながら、洗顔やクレンジングを行いましょう。洗顔は一日朝一回で十分ですので水またはぬるま湯ですすぐだけで汚れが落ちます。すすぐということを忘れずに行えば、時間も取りませんし簡単にできます。ところで、洗顔恐怖症になりつつある方もおります。洗顔が良くないと思っているようですが、基本的には洗顔は必要です。肌にはホコリや汚れ、メイクなどが付きやすく、残り易いため洗わないことによって、常在菌が増えやすくなります。それによって悪玉菌が増え、善玉菌異常に増殖し、肌荒れや肌トラブルのなるリスクが増えます。洗顔やクレンジングでのお手入れは、肌にやさしいやり方で丁寧に行う習慣をつけましょう。洗顔やクレンジング後は、潤いをキープしてくれる化粧水が最適です。基本的にみずみずしさを保つのが化粧水美容液です。基本的には、洗顔後に手に適量(500円玉大)を取り、手のひらで肌にやさしく押し込むように馴染ませるのがポイントです。よくあるのは、美容液のつけすぎで、コットンなどで拭っている方もおりますが、肌にアプローチしやすい美容液なら特に問題ではありませんが、ゴシゴシこするのはいただけません。肌にとって次に大切なのが保湿です。保湿クリームはバリア機能がしっかりとキープできる高保湿ジェルがおすすめです。肌に少量を馴染ませるだけで、どんどん浸透していく透明感の感じられるものが最適です。
以上のようなスキンケアアイテムで特に注意したいのは、合成香料・合成着色料無添加、鉱物油無添加、エタノール無添加、パラベン無添加、石油系界面活性剤無添加という6つの無添加を含まないものを使うことが必要です。スキンケアでは無添加ということがキーワードです。そして、美肌菌は肌にとっては必要なものです。

 

肌の状態は、常在菌、善玉菌、悪玉菌のバランスが大切!

 

 

人の肌には全身で約1兆個もの皮膚常在菌がいることをご存知でしょうか?皮膚常在菌はおなかの菌と同じように善玉菌と悪玉菌にわけられ、相手より数を増やして優勢になろうと勢力争いをしています。もし悪玉菌が優勢になれば肌トラブルの原因になりやすく、善玉菌が優勢になれば肌がうるおう土台になると考えられています。肌の状態は菌で決まると言っても過言ではないのです。

 

 

美肌菌こそが、潤いとバリア機能のもとになる善玉菌!

 

 

善玉菌は汗や皮脂をたべて天然のうるおい成分(NMF)を生み出し、肌を外界の刺激や悪玉菌から守ってくれる、「美肌菌」だと考えられています。さらにバリア機能が強化された肌は弱酸性になり、美肌菌が増えやすい環境がととのうという好循環が生まれます。美肌菌をしっかり守って育てることが、丈夫でキレイな肌の土台につながるのです。

 

 

美肌菌スキンケアならビオサプ!!

 

・美肌菌を守る、育てる。そして肌の土台をつくる。

 

ビオサプの全アイテムに高配合されたバイオエコリアという原料。これは美肌菌の大好物で、美肌菌を優勢にする強力な役割をはたします。さらに美肌菌の好む温かい環境をつくるホットクレンジング、美肌菌を過剰に洗い流さないよう泡立てない洗顔と、各アイテムも工夫たっぷり。ビオサプを使うだけで、美肌菌が水分と油分のバランスをととのえ、肌の土台をつくってくれます。

 

・肌の土台がととのってこそ贅沢な美容成分がいきてくる。

 

どんなに効果の高い成分を与えても、もしそれがトラブルだらけの悪玉菌が優位な肌だったら効果も半減してしまうはず。その点、ビオサプなら美肌菌で土台をととのえた肌へ、濃厚な美容成分が肌の深部※まで浸透。このプロセスが年齢肌の悩みにどれだけの変化をもたらすでしょうか?あなたの肌でぜひ実感してみてください。

 

・6つの無添加。肌にやさしい使い心地。

 

ビオサプは肌に余計な負担をかけないことにもこだわりました。6つの無添加という処方を実現し、菌の自然なちからと無添加のやさしい使い心地で、美しく丈夫な肌へと導きます。

 

 

 

【ビオサプスキンケアシリーズ】は、どれも使用感やエイジングケアとして好評ですね。
そんなビオサプが化粧のノリも良く、肌を美しくしてくれる3つのキーポイントがあります。

 

【美肌菌で肌の土台作り!美肌作り!肌に負担をかけない無添加!】

美肌菌で肌の土台作り!(公式サイト抜粋)
ビオサプの全アイテムに高配合されたバイオエコリアという原料。これは美肌菌の大好物で、美肌菌を優勢にする強力な役割をはたします。さらに美肌菌の好む温かい環境をつくるホットクレンジング、美肌菌を過剰に洗い流さないよう泡立てない洗顔と、各アイテムも工夫たっぷり。ビオサプを使うだけで、美肌菌が水分と油分のバランスをととのえ、肌の土台をつくってくれます。

美肌作り!(公式サイト抜粋)
どんなに効果の高い成分を与えても、もしそれがトラブルだらけの悪玉菌が優位な肌だったら効果も半減してしまうはず。その点、ビオサプなら美肌菌で土台をととのえた肌へ、濃厚な美容成分が肌の深部※まで浸透。このプロセスが年齢肌の悩みにどれだけの変化をもたらすでしょうか?あなたの肌でぜひ実感してみてください。

肌に負担をかけない無添加!(公式サイト抜粋)
ビオサプは肌に余計な負担をかけないことにもこだわりました。6つの無添加という処方を実現し、菌の自然なちからと無添加のやさしい使い心地で、美しく丈夫な肌へと導きます。

 

 

【美肌菌ビオサプスキンケアシリーズ】

 

ビオサプスキンケア美肌エイジングケアが女性情報紙で紹介されました!


 

 

トップページへ

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------