バッティング テクニック

野球のバッティングのテクニックについてお伝えします。

バッティングをスイングのテクニックだけで何とかしようと考える人がいます。

 

この考えは、今すぐに捨ててください。

 

確かにバットにボールをミートさせる技術であったり、
スイングの方法というのも、バッティングの重要な要素です。

 

たとえば、TVのスポーツニュースを観ていても、解説者の元プロ野球選手などが
選手のスイングフォームなどの技術的な解説をしている場面をよく目にします。

 

だから、自分も同じようにフォームを変えれば、
飛距離が変わるのではないかと錯覚してしまうのかもしれませんね。

 

そう思ってしまうあなたの気持ち、とてもよくわかります。

 

しかし、ここに大きな落とし穴があります。

 

先ほども言ったように、技術を学ぶことはもちろん大切です。

 

これからも続けてください。

 

でも、もっと大切なことは、

 

「その技術を最大限発揮できる身体ができていること」

 

これが大前提なのです。

 

多くの解説書や映像では、身体づくりに関する解説を省いています。

 

なぜなら、

 

出来ていることが前提というプロとアマチュアの考え方に温度差があるからです。

 

多くの方がこのような技術理論に流されてしまい、
技術ばかりを習得し、バッターボックスに立っているのではないでしょうか。

 

しかし、技術を身につけたとしても、
その技術を支える身体がなければ、全く意味がないのです。

 

バッティングの技術を習得するより先に、大切なものがありますし、
むしろそのほうがより早く結果が出せるのです。

 

 

 

 

森部昌広のバッティング・パワーアップ・プログラムを
練習法に取り入れると

・速い球でも打ち返すことができるようになります。
・軸が安定して力強いスイングができるようになります。
・ホームランを打つことができるようになります。
・テクニックや技に頼る打ち方をしなくなります。
・無駄な練習に時間を使う必要がなくなります。

 

あなたは打球を飛ばすための筋肉が身体のどこにあるか、わかりますか?

 

もしその筋肉がどこにあるかを知っていたとして、
そこを強化するにはどうすればいいか、ご存知ですか?

 

もし、あなたが
「バッティングの飛距離を伸ばしたい!」
「ホームランを打ちたい!」

 

と思っているなら、この森部昌広のバッティング・パワーアップ・プログラムを実行してください。

 

このプログラムをやるとやらないとでは大きな違いが出ます。

 

 

→ 詳しくはこちら

 

 

 

【野球が上手くなるためのDVD】トップページへ

ホーム RSS購読 サイトマップ