宮崎正 SDS(スーパーディーリングスクール)検証と評価

宮崎正の経歴

宮崎正の経歴

 

1979年:Martin Brokers Japan LTD(旧株式会社コバヤシ-外国為替仲介人業)。

 

    SPOTドル円セクションにて数行の外資系銀行を担当。
1984年:米国市場視察及びトレーニーとしてニューヨークのGarvin Guybutler NYへ。
1990年:Martin Brokers Japan LTDにてフォワード円セクションシニアマネージャー。

 

    CITI BANK、住友銀行、三井銀行、住友信託銀行など数行の大手顧客を担当し、シンガポール、ロンドンと

 

    の折衝役であるリンクマンを兼任。
1994年:Martin Brokers Japan LTDにて外為為替部部長。
1997年:ヘッドハンティングを受け、Cantor Fitzgerald LLC(現BGC証券会社東京支店)。

 

    外為為替部部長、バイスプレジデント。
2001年:ひまわり証券株式会社。バイスプレジデント。FX DealerとしてCITI BANK、ゴールドマンサックス、

 

    バークレイ銀行、RBS銀行などクライアントとのリレーション強化を構築。LDN・NY時間を中心に

 

    若手スタッフの指導。
2012年:豊証券会社。デーリング部。外為ディーラーとして今までのキャリアをもとに環境整備、

 

    若手スタッフの育成およびプロップディーリング業務。
2013年:トレーダー育成を専門としたSDS(Super Dealing School)を立ち上げ、現在に至る。

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ