その3:実態調査

システムキッチンリフォーム失敗事例:実態調査

システムキッチンリフォームで失敗する事例に【実態調査】があります。

 

システムキッチンには、さまざまな機種やグレードがあります。

 

一般的な直方体の形をしたI型タイプ
かつてキッチンが日本の台所に登場したころはほとんどIタイプでした。

 

台所の空間にゆとりがある場合のL型タイプ
現在多くの家庭で使われています。

 

もうひとつは、対面型タイプ
キッチン空間にリッチ感やグレード感をもたせたゆとりのあるタイプです。

 

これら3タイプの他に、オプションとして棚やさまざまな組み合わせのパーツがあります。

 

システムキッチンを購入するに当たっては、実際のキッチンの現状を踏まえて
どんなタイプのシステムキッチンを選ぶかを考えましょう。

 

高さ、奥行き、間口やキッチンの広さ、機能的かどうかなど
しっかりと実態調査をして予算内でのリフォームが可能かなどを考えましょう。

 

よくある失敗例では、
高さが高すぎる、奥行きがありすぎる、間口が長くうまく収まらない、
オプションの棚が機能的でない、コンロの位置が使い勝手が良くない
など実態調査をしっかりと行えば防げる場合がほとんどです。

 

また、床板が傷んでいたとかコンセントが邪魔になる、
照明がなんとなく目に合わないなど具体的な事例も発生しています。

 

システムキッチンを購入する場合は、実態調査をしっかりと行い、
自分ではよくわからないときは業者に詳しく相談しましょう。

 

 

 

キッチンリフォームの相場や工事費用などがおよそ納得できたら
さっそく、キッチンリフォームの一括でできる見積もり(無料)を依頼しましょう。

 

価格.comリフォーム リショップナビ

 

・無料・匿名で提案・費用見積もりを受けられる

・掲載会社はリフォーム瑕疵保険加入済の会社

・万一の工事ミスに備える保証付き

・会社概要 ・お問合わせ

 

 

・工事実績など複数項目の審査にクリアした会社

・全国500社加盟会社から最大5社厳選紹介

・専門スタッフがリフォーム会社間とをサポート

・会社概要・お問合わせ

 

 

【キッチンリフォームの参考事例1,020件】

 

暖かく明るいキッチンへ
費用 113万円  建物種別 一戸建て  >>続きを見る

 

 

 

【キッチンリフォームのポイント】

 

キッチンリフォームのポイントで特に大事なのは、自分が使い勝手のよいキッチン
を心掛けることです。
キッチンや台所には、調理器具はじめ、食器、冷蔵庫、電子レンジ、食器棚などたくさんの調理に関係するものがたくさんあります。
多くの失敗事例には、移動スペースが狭く料理するのに不便などといったことがよくあります。
単に、デザインや機能が充実した最新型システムキッチン用品を購入するだけでは実際の使い勝手がわかりません。
購入前の相場や工事費用を細かくチェックするのはもちろんですが、イメージと実際とのギャップができるだけないようにすることが最大限のポイントです。

 

システムキッチンや台所のスタイル
システムキッチンといっても様々なタイプがあります。
クローズドタイプ、オープンタイプ、セミオープンタイプ(セミクローズタイプ)などそれぞれのタイプが、実際のキッチンや台所にマッチしたもの、あるいはライフスタイルにあったタイプを選ぶことが必要です。

 

キッチンや台所のレイアウト
システムキッチンには、「I 型」、「II 型」、「L型」、「U型」、「アイランド型」などのタイプがありますから、キッチンや台所のレイアウトがポイントとなります。
システムキッチンの配置の仕方ひとつで、キッチンや台所のイメージは全然異なってきます。実際に台所に立つときの動線なども考慮してレイアウトを考えましょう。

 

使いやすいシステムキッチンを選ぶ
キッチンリフォームのポイントのポイントの中で、特に注意したいのが使い勝手です。
具体的には、システムキッチンの高さであったり、調理道具の配置であったり、また、意外な盲点として料理するときの明るさ(照明)などもポイントであることを忘れないでください。
また、最近の多い事例では、食器洗い機やオーブンといった付随器具も置く場所に困ったりすることがあります。収納スペースや調理器具が便利良く配置できるようなレイアウトを心掛け、
出来るだけ調理場の近くに置くことも使い勝手の良さに影響を与えます。
さらに、コンロの位置やウォールキャビネット(吊戸棚)などの一つ一つに目配りをしましょう。

 

 

せっかくキッチンを新しくリフォームするのですから、
各ポイントをしっかりとおさえて施行後に不便のないようにしたいものです。

 

そのために、キッチンリフォームの見積もりを取るだけでなく、見積もり先とのコンタクトをもってわからない点や疑問に思っていることなどを積極的に聞くことが重要です。

 

見積もり先では、各専門のスタッフが丁寧に教えてくれますから、見積もり請求と同時にそれらわからないことはどんどん聞くのが納得できるリフォームができます。

 

 

>>【価格.com リフォーム 】無料一括見積もり

 

>>全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】

 

 

 

 

 

 

キッチンリフォーム無料でできる資料請求トップページへ