キッチンリフォームのポイント

キッチンリフォームのポイント

キッチンフォームでの最大のポイントは

 

        【資料請求・見積もり】

 

キッチンリフォームは無料資料請求や無料見積もりから始めましょう。

 

システムキッチンを購入する場合、リフォームする上で重要なポイントをお知らせします。
ポイントを知って賢く、納得のできるリフォームをめざしましょう!

 

工事完了までの流れを把握しておきましょう。

 

  資料・カタログを検討する→見積もりを取る(現地調査)→

 

  納得いくまで検討→契約→工事完了

 

 

見積もりは複数の業者にお願いしましょう。

 

見積もりを取る場合は複数の業者に依頼することが大切です。
複数の業者が全く同じ見積もりということはありません。

 

また、システムキッチン本体や工事費用代金の値引きは、
相場を知った上での価格交渉が必要です。
相場を知らないことは、最初から業者任せと受け取られかねません。

 

そのうえで一番大切なことは相見積もりを取るということです。

 

とかく面倒だとか、現地調査を複数の業者に頼むのは気が引けるという方がおられますが
システムキッチンリフォームではこのことが最大の重要な点です。

 

見積もりを複数の業者にお願いした場合、おおがかりなリフォームほど支払い金額が違ってきます。
実際に、50万円〜100万円もの違いがあったケースもあります。

 

このことをしっかりと行うことは、
リフォーム工事の70%〜80%が決定されると言っても過言ではありません。

 

納得できるまで交渉しましょう。

 

システムキッチンは、一度設定し取り付けると簡単に変えることができません。

 

また、取り付け終了後にトラブルなどが発生した場合、
再度、修理などを行わなければなりません。

 

後からの補修や修理は、全く新しい工事となり費用が高くなります。

 

また、それら工事の部品や補修備品、修理備品なども単品の工事となるため
ほとんど値引き率が悪く、最悪の場合定価での工事となることもあります。

 

リフォームに当たっては、業者間の工事に多少なりとも違いがありますから
納得いくまでの事前交渉や相談がとても重要となります。

 

特に、キッチンの交換取り付けだけでなく、側面の壁や天井、床などのリフォームを
併せて行う場合は、事前交渉・相談が大切なだけでなく、予算面や値引きなどでも
最終的に大きな違いとなりますので、しっかりと交渉・相談しましょう。

 

 

 

キッチンリフォームは無料でできる資料請求からスタート!

 

新しくキッチンをリフォームする場合、何から手を付けて良いかわからないという方は
多くの情報を手に入れることから始めましょう!

 

展示会やホームセンターなどで見かけるキッチン関係の商品はたくさんある商品のうちのほんの
一部に過ぎません。まして、商品相場などは展示品を参考にするだけでは正確に把握できません。

 

キッチンリフォームは、施工内容によって工事費用も違ってきますし、システムキッチンの値段も各メーカーによってまちまちです。キッチンリフォームで失敗しないためにも、最初は資料請求やリフォーム雑誌などから情報を集めることがポイントです。

 

キッチンリフォームの工事費用は相場を知らないと大変なことになります!

 

システムキッチン本体価格の値段だけではなく他の工事代金や諸費用も調べて賢くリフォーム。
見積もりだけでは安いのか高いのかわかりません。

 

キッチンリフォームの予算と適正な相場価格がわかれば
納得のいくシステムキッチンを手にすることができます。

 

当サイトでは、リホーム会社ではなかなか教えてくれない本当の値引きや情報を公開しています。

 

 

 

システムキッチンリフォームは本体価格だけで手に入る訳ではありません!!

 

本体価格+工事費+諸経費

 

リフォーム会社によっては工事費に諸経費を含んでいるところもあります。

 

まず、リフォーム相場ですが、システムキッチン本体機種や工事内容によっておおむね、
200,000円〜2,500,000円

 

レンジフード交換、ガスコンロ交換、食器洗浄機取り付け等費用は各500、000円未満
システムキッチン本体交換費用は200,000円〜2,500,000円

 

あくまで予算とどの程度のシステムキッチンにしたいか、
また、現在の場所、状況によって見積もり価格は大きく左右されます。

 

特に注意するポイントは、
自分にとって使いやすいシステムキッチンを選ぶこと

 

カタログだけで選ぶのはNG!
ひとつのシステムキッチンだけを見て決めるのもNG!

 

高さ・間口・奥行きのサイズをチェックし、
展示場などで実際に使い勝手を確認するだけでも違います。
取り付け工事が終わったらこんなはずでは無かったとならないための対策ポイントです。

 

 

 

 

キッチンリフォームの相場や工事費用などがおよそ納得できたら
さっそく、キッチンリフォームの一括でできる見積もり(無料)を依頼しましょう。

 

価格.comリフォーム リショップナビ

 

・無料・匿名で提案・費用見積もりを受けられる

・掲載会社はリフォーム瑕疵保険加入済の会社

・万一の工事ミスに備える保証付き

・会社概要 ・お問合わせ

 

 

・工事実績など複数項目の審査にクリアした会社

・全国500社加盟会社から最大5社厳選紹介

・専門スタッフがリフォーム会社間とをサポート

・会社概要・お問合わせ

 

 

【キッチンリフォームの参考事例1,020件】

 

暖かく明るいキッチンへ
費用 113万円  建物種別 一戸建て  >>続きを見る

 

 

 

【キッチンリフォームのポイント】

 

キッチンリフォームのポイントで特に大事なのは、自分が使い勝手のよいキッチン
を心掛けることです。
キッチンや台所には、調理器具はじめ、食器、冷蔵庫、電子レンジ、食器棚などたくさんの調理に関係するものがたくさんあります。
多くの失敗事例には、移動スペースが狭く料理するのに不便などといったことがよくあります。
単に、デザインや機能が充実した最新型システムキッチン用品を購入するだけでは実際の使い勝手がわかりません。
購入前の相場や工事費用を細かくチェックするのはもちろんですが、イメージと実際とのギャップができるだけないようにすることが最大限のポイントです。

 

システムキッチンや台所のスタイル
システムキッチンといっても様々なタイプがあります。
クローズドタイプ、オープンタイプ、セミオープンタイプ(セミクローズタイプ)などそれぞれのタイプが、実際のキッチンや台所にマッチしたもの、あるいはライフスタイルにあったタイプを選ぶことが必要です。

 

キッチンや台所のレイアウト
システムキッチンには、「I 型」、「II 型」、「L型」、「U型」、「アイランド型」などのタイプがありますから、キッチンや台所のレイアウトがポイントとなります。
システムキッチンの配置の仕方ひとつで、キッチンや台所のイメージは全然異なってきます。実際に台所に立つときの動線なども考慮してレイアウトを考えましょう。

 

使いやすいシステムキッチンを選ぶ
キッチンリフォームのポイントのポイントの中で、特に注意したいのが使い勝手です。
具体的には、システムキッチンの高さであったり、調理道具の配置であったり、また、意外な盲点として料理するときの明るさ(照明)などもポイントであることを忘れないでください。
また、最近の多い事例では、食器洗い機やオーブンといった付随器具も置く場所に困ったりすることがあります。収納スペースや調理器具が便利良く配置できるようなレイアウトを心掛け、
出来るだけ調理場の近くに置くことも使い勝手の良さに影響を与えます。
さらに、コンロの位置やウォールキャビネット(吊戸棚)などの一つ一つに目配りをしましょう。

 

 

せっかくキッチンを新しくリフォームするのですから、
各ポイントをしっかりとおさえて施行後に不便のないようにしたいものです。

 

そのために、キッチンリフォームの見積もりを取るだけでなく、見積もり先とのコンタクトをもってわからない点や疑問に思っていることなどを積極的に聞くことが重要です。

 

見積もり先では、各専門のスタッフが丁寧に教えてくれますから、見積もり請求と同時にそれらわからないことはどんどん聞くのが納得できるリフォームができます。

 

 

>>【価格.com リフォーム 】無料一括見積もり

 

>>全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】

 

 

 

 

キッチンリフォーム無料でできる資料請求トップページへ