その他の失敗事例

その他の失敗事例

キッチンリフォームの失敗事例は案外と多いものです。

 

後からこうすればよかったとか肝心な収納スペースが足りないとか
細かなことも実際に使う場合には不便なものです。

 

工事終了してからは、その都度別工事や別費用が発生し
当初予算をはるかにオーバーということにもなりかねません。

 

キッチンリフォームでの失敗を避けるための基本的な
2つのポイントをおさえましょう。

 

リフォーム計画の中で必ず相見積もりを行うこと
失敗事例を調べること

 

見積もりをとる場合にもしっかりと相場というものを知る必要があります。

 

また、失敗事例で多いのは小さなことかもしれませんが、
使い勝手が良くないといことも注意するポイントです。

 

たとえば、
・コンセントの数が不足した
・冷蔵庫を置くスペースが狭い
・収納スペースが少ない
・調理する移動空間が狭い
・電話やテレビといった家電を置けない
・食器洗い器、洗浄器をつけなかった
・対面式の方がよかった
・・・・・

 

まだまだ、失敗事例はたくさんあります。

 

キッチンリフォームで失敗しないためには
必要なものを書き出しておくとか場合によっては
図面での検討をしてみるなども意外と効果があります。

 

また、見積もりの段階でそうした失敗を防ぐこともポイントです。

 

さらに、
現在のキッチンをどのように変えるか、変えたいかの計画を
しっかりと立てましょう。

 

キッチンリフォームに限らず、リフォーム全般に言えることですが
相場を知らないと当初予算より工事費が増える場合があります。

 

キッチン本体の交換だけと思っていたのに
設置費や工事費、さらには諸費用が発生することがあります。

 

ここでは相場を知るための簡単な情報の入手の方法から
失敗しないための方法を簡単にお話しします。

 

キッチン関係の展示場に行ってカタログをいただいてくるなどは
すぐにできることですね。

 

カタログでのコンセントの位置や収納スペースの数、
あるいは移動空間や冷蔵庫の置く広さなどもチェック。

 

また、インターネットで大手企業などのホームページに
アクセスして商品などもチェックしましょう。

 

商品のサイズや材質なども把握しておきましょう。

 

もっと詳しい情報を調べたいという方は
リフォーム関係の雑誌もいくつか発行されていますから
じっくりと内容をチェックするのも参考になりますよ。

 

次に失敗を防ぐためにキッチンリフォームの資料請求をおこなって
見積もり段階で専門の業者に相談することもよいでしょう。

 

失敗しないためにはどうすればよいかなども
専門の業者に相談するのもよいでしょう。

 

最初に書きましたように
後からの補充や取り付けなどは思わぬ出費になりますから
事前のチェックをしっかりと行うことがポイントとなります。

 

 

 

キッチンリフォームの相場や工事費用などがおよそ納得できたら
さっそく、キッチンリフォームの一括でできる見積もり(無料)を依頼しましょう。

 

価格.comリフォーム リショップナビ

 

・無料・匿名で提案・費用見積もりを受けられる

・掲載会社はリフォーム瑕疵保険加入済の会社

・万一の工事ミスに備える保証付き

・会社概要 ・お問合わせ

 

 

・工事実績など複数項目の審査にクリアした会社

・全国500社加盟会社から最大5社厳選紹介

・専門スタッフがリフォーム会社間とをサポート

・会社概要・お問合わせ

 

 

【キッチンリフォームの参考事例1,020件】

 

暖かく明るいキッチンへ
費用 113万円  建物種別 一戸建て  >>続きを見る

 

 

 

【キッチンリフォームのポイント】

 

キッチンリフォームのポイントで特に大事なのは、自分が使い勝手のよいキッチン
を心掛けることです。
キッチンや台所には、調理器具はじめ、食器、冷蔵庫、電子レンジ、食器棚などたくさんの調理に関係するものがたくさんあります。
多くの失敗事例には、移動スペースが狭く料理するのに不便などといったことがよくあります。
単に、デザインや機能が充実した最新型システムキッチン用品を購入するだけでは実際の使い勝手がわかりません。
購入前の相場や工事費用を細かくチェックするのはもちろんですが、イメージと実際とのギャップができるだけないようにすることが最大限のポイントです。

 

システムキッチンや台所のスタイル
システムキッチンといっても様々なタイプがあります。
クローズドタイプ、オープンタイプ、セミオープンタイプ(セミクローズタイプ)などそれぞれのタイプが、実際のキッチンや台所にマッチしたもの、あるいはライフスタイルにあったタイプを選ぶことが必要です。

 

キッチンや台所のレイアウト
システムキッチンには、「I 型」、「II 型」、「L型」、「U型」、「アイランド型」などのタイプがありますから、キッチンや台所のレイアウトがポイントとなります。
システムキッチンの配置の仕方ひとつで、キッチンや台所のイメージは全然異なってきます。実際に台所に立つときの動線なども考慮してレイアウトを考えましょう。

 

使いやすいシステムキッチンを選ぶ
キッチンリフォームのポイントのポイントの中で、特に注意したいのが使い勝手です。
具体的には、システムキッチンの高さであったり、調理道具の配置であったり、また、意外な盲点として料理するときの明るさ(照明)などもポイントであることを忘れないでください。
また、最近の多い事例では、食器洗い機やオーブンといった付随器具も置く場所に困ったりすることがあります。収納スペースや調理器具が便利良く配置できるようなレイアウトを心掛け、
出来るだけ調理場の近くに置くことも使い勝手の良さに影響を与えます。
さらに、コンロの位置やウォールキャビネット(吊戸棚)などの一つ一つに目配りをしましょう。

 

 

せっかくキッチンを新しくリフォームするのですから、
各ポイントをしっかりとおさえて施行後に不便のないようにしたいものです。

 

そのために、キッチンリフォームの見積もりを取るだけでなく、見積もり先とのコンタクトをもってわからない点や疑問に思っていることなどを積極的に聞くことが重要です。

 

見積もり先では、各専門のスタッフが丁寧に教えてくれますから、見積もり請求と同時にそれらわからないことはどんどん聞くのが納得できるリフォームができます。

 

 

>>【価格.com リフォーム 】無料一括見積もり

 

>>全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】

 

 

 

 

 

 

キッチンリフォーム無料でできる資料請求トップページへ