30代での婿養子婚活の失敗事例

30代での婿養子婚活の失敗事例についてお伝えしています。

30代ともなると一人娘の方や女性姉妹だけという方は、
多少なりとも結婚に対する焦りを感じてきますね。

 

 

ところで、婿養子、婿入り、婿取りなどいろいろな言葉がありますが、
きちんと理解しているでしょうか?

 

 

男性が女性の家庭に入って、生活する場合に
婿入り、婿取りということになります。

 

 

この場合、男性が苗字を変えても、変えなくても問題はありません。

 

 

例えば、女性の両親との同居でも
婿入り、婿取りとなります。

 

 

一方、婿養子という場合、
男性が苗字を変えるだけでなく、
そこに養子縁組という関係になります。

 

 

この場合は、女性の両親との法的な親子関係になることです。
それによって、相続権も発生します。

 

 

ただし、相続といってもプラスの資産とは限らず、
マイナスの資産(負債)の場合もあります。

 

 

婿養子という場合には、そうしてことも認識しておく必要があります。

 

 

そのうえで、婚活を始めるに当たって、
婿入り、婿取り、婿養子ということを明確にしないと
付き合っているのに後日、問題が発生することがよくあります。

 

これが、婿養子の場合の失敗事例です。

 

 

こうならないように気持ちよく婚活するためには、
最初の段階ではっきりと意思表示することをおすすめします。

 

 

せっかく、上手く結婚しそうな段階で、
相続権の問題を出されて、納得できないということにもなりかねません。

 

 

婚活を始めるにあたっては、十分注意して行いましょう。

 

 

そのためには、まず、婚活の初めとして大手結婚相談サービスの
資料請求を行いましょう。

 

 

信頼できる結婚相談サービスの資料を
最大5社まで無料で請求できます。

 

 

それらを比較して、婚活を始めるための、
自分の条件に最も合った結婚相談サービスを選ぶことができます。

 

 

婿入り、婿取り、婿養子という条件を考えて
あなたが自由にサービスを選ぶことができます。

 

 

この信頼と実績のある大手結婚サービスを利用して
幸せな結婚へとゴールインされたカップルもたくさんおられます。

 

 

あなたも、まずは無料でできる資料請求から
スタートしてみてはいかがでしょうか?

 

■婚活のために無料でできる資料請求で素敵な相手を探す方法

⇒無料資料請求はこちら

 

 

 

konkatu5.jpg

 

 

【30代の縁談・婚活・結婚】トップページへ