飛距離を伸ばすゴルフスイングの方法

飛距離を伸ばすゴルフスイングの方法についてお伝えしています。

 

ゴルフで飛距離が出ないとかボールコントロールができないという方は、いろいろと良いと言われるゴルフスイング法などの雑誌やDVDを求めて自分で研究されていると思います。参考にするのもアマチュアのプレーよりもちおrんプロプレイヤーのものであることが多いと思いますが、そうしたプロゴルファーのスイング法を真似てもけして上達はしません。ゴルフは経験値や試合での体験も必要ですが、飛距離やスコアばかりきにしてプレーしては上手くなりません。さりとて、練習を何度も繰り返して独学でゴルフスイングをしてもけして良い結果はでません。自己流を繰り返すということは、逆に上達するための基本から遠ざかる結果となりがちです。ゴルフレッスンに通ってもやはり、それだけで飛距離アップとはいかないことは、通っているご自身が一番よく知っていると思います。つまり、独学やプレー仲間だけで練習に行っても間違った方法を続けている限りなかなか上達しません。ゴルフは全身の運動です。頭、首、胴体、手、手首、脚、足首、腰、目さらには、五感を使ったスポーツです。たとえば、飛距離をだすために無理な力を体全体に加えれば、さまざまな筋肉に負担をかけることになります。さらに、それだけに終わらずに良くない癖がついて、軌道修正するのにかえってマイナスとなってしまいます。よくゴルフをやった後に、首や腕の筋をいためたり、足腰に負担がかかって筋肉痛や腰痛になってしまった方もいると思います。こうした現象はすべて間違った練習や無理なプレーによるマイナス効果で、楽しいはずのゴルフプレーが体調維持管理で時間を取られるということになってしまいます。ゴルフは年齢、パワー、運動神経、経験年数、センスは一切関係ないということをご存じですか?パワーに違いでゴルフの善し悪しがきまるなら、女性は男性に比べてはるかに劣るということになりますが、実際は女子の方でも素晴らしいプレーヤーがたくさんおられます。ゴルフは力ではありません。たとえば、練習で飛距離を出すことを考えれば、このサイトでもご紹介している飛距離にこだわった!高反発ゴルフドラーバーHAYABUSA【ハヤブサ】を使えば楽々飛距離が出ます。このドライバーでは、力を入れないで飛距離を伸ばすにはどのようなスイングをすればよいかを体得することにあります。力を入れずに飛距離を出すことを心掛けたい方にはぜひ手にとって練習していただきたいです。ところで、ゴルフにはスコアアップ法やスイング法に関して様々な理論がありますが、そうした理論を踏まえた実践が一番大切です。そのためには、ゴルフの本質を知る必要があります。その本質を抜きにして練習回数を重ねても好結果は得られません。まして、飛距離を伸ばすためのゴルフを時間の許す限り練習したとしてもゴルフはけして上手くはなりません。実際練習しているあなたなら良くお分かりだと思います。いくらプロのプレーを真似ても自分にあったスイングや基本プレーを行わなければ上達しません。体格や骨格は人さまざまですので、自分にあったスイングでしかも基本的かつ本質的なことを理解した上でプレーに臨むことが必要となります。あなたは、これまでの練習やレッスンで自分のプレーを確立できていますか?いろいろな季節書やDVDを見て、真似て練習して疑問に思うことが多々あることと思います。なにしろ、レッスンを受けても、指導者の考えや経験の相違から、どうすれば上手く実践に生かせるかを体感していと信じ切っていると思います。それで、結果につながっているなら良いのですが、多くの方は、おそらく自分のゴルフが数段も上達していると感じている方はとても少ないと思います。すばらしい指導者のもとで練習に励んでいるはずなのに、良かったり悪かったり、結局高額練習費を払ったわりには上達できていない。そんな経験のある方も多いと思います。といって、ゴルフの難しい点は、自分一人だけで上手くなることはなかなか難しいということです。鏡を見ながらゴルフスイングの練習をしていても、はたして正しいスイングができているのが納得できないままに練習しているだけという結果になりがちです。また、室内ゴルフ練習場でスイングの練習をしていても、はたしてそのスイングが良いのかどうかよく理解できていないままにゴルフ練習に時間を費やしているだけという悲惨な状態もよくある練習パターンです。こうして見ても練習は1人で、あるいは独学でゴルフをして上達するには限界がありますし、なかなか上手くはならないでしょう。反面、ゴルフ指導者の手ほどきを受ければ、自分で行うよりも第三者的に見てもらえますから良いといえますが、ゴルフの本質をよくわかった指導者なら良いのですが、そうした指導者が少ないのも事実です。なかには、指導者を次々に変えて、いろいろなゴルフスタイルを学んでいる勉強熱心な方もおられますが、それで上手くなれば良いのですが、なかなか上達したという方は極少数の方だと思います。結果、時間と労力を使い、費用もかかったけれどゴルフが上手くならないということがあります。それでは、どんな方法で学べばよいのでしょうか?それには、やはりプロが経験と豊富な実践のある、かつゴルフの本質を理解できている方の指導を受けるのが上達への近道です。その本質とは体幹軸から始まります。正しい基本を理解し、実践できれば飛距離を出ます。たとえば、インパクト時のスイングスピードと、ヘッドの重さを考慮することでボールの飛距離は物理的に数値として導き出せますが、グリップを力でしっかりと握り、体全体のバランスを考えないでスイングすることはスイングの本質には当てはまりません。飛距離を出すためには、力一杯クラブを振り回すことではありません。体全体に負担をかけずに体の軸がブレないように、しかも余計な力を使わないでスイングすることです。余計な力が入らないということは、体のそれぞれの部分の筋力やバランスが振り子時計のように自然になるということです。
そのことで体全体がスムーズになめらかに動き、ヘッドスピードも上がり、腕力に頼らないしなやかで切れのあるスムーズなスイングができているということです。よくスイングでは体重移動がポイントという解説がありますが、体重移動は無理に行うものではなく、スムーズなスイングができれば自然に体重移動がなられるものなのです。したがって、体重移動を中心の練習は本質から多少ずれますし、本来の正しいスイングまでの途中過程に過ぎません。実際にスイングを行うとわかると思いますが、体重移動を意識してスイングした場合、本来の飛距離が出るスイングはできません。つまり、体重移動を意識してスイングすることは、体全体のバランスのあるスイングがなかかなできにくいということになります。ゴルフは初めから最後までがすべて一連の流れの中にあります。体重移動といった個別のことに意識がいっては、けして上手くはなりません。つまり、ボールコントロールや体幹軸がブレないことなどゴルフの本質的な部分にも関係してくるので、安定したゴルフスイングができる必要があります。調子によってできたり、できなかったりでは上手いプレーヤーとはいえません。正しいスイングを身につけることが最大のポイントです。間違った練習を積み重ねてもボールは遠くに飛んでいきません。コントロールが不安定では飛距離が出ません。ぜひ、あなたも飛距離が出る正しいゴルフスイングを身につけてください。

 

 

 

 

 

ゴルフスイング練習機インパクトワントップページへ