脱毛器ケノン Q&A

家庭用脱毛器ケノンのQ&Aについてお伝えします。

家庭用脱毛器で人気のケノンについてのQ&Aをお伝えしています。

 

Q1.エステと同じ方式なのですか?

ケノンの最大のメリットは、エステに通わないでもエステと同じ光フラッシュ方式を採用した脱毛器です。エステサロンでも普及している業務用脱毛器と同じ光フラッシュ方式ですので、安心してムダ毛処理ができます。
それに効果も同じか、施術の仕方ではそれ以上の効果も期待できます。実際に口コミでのエステ経験者の中には、これまでのエステでの脱毛がなんのためだったのかと疑問を呈している方もおられます。

Q2.美顔器として使えますか?

はい、ケノンは美顔器としても使えますので、美肌ケアにも対応しています。
美顔用カートリッジに交換するだけで、高級エステのような美顔(美容)をご体験できますので、
美顔器として利用している方もたくさんおられます。わざわざ他に美顔器を購入する必要がないため美肌ケア用としての機能性を取り入れています。

Q3.毎日ムダ毛処理する必要がありますか?

いいえ、毎日行う必要はありません。同じ部位の場合、前日の処理で十分です。
使い始めは、2週間に1回程度のペースです(個人差がございます)。毎日ご使用頂く必要はありませんので、驚く程簡単に、エステレベルの脱毛をご自宅で行う事ができます。
ただし、部位を変えれば、毎日でも脱毛ケアが行えます。たとえば、今日は腕、明日は脚などといった使い方です。

Q4.男性でも使えますか?

はい、ケノンは男女兼用です。ケノン購入者の4割は男性というデータもあります。
ケノンは男女兼用の脱毛器です。男性の方も是非ご活用下さい。ヒゲ、胸毛、お腹の毛、スネ、モモ、モモ裏、腕、指毛、手の甲、フクラハギ、、、気になる部分に気軽に使えます。

Q5.どんな部位に使えますか、また使えない部位はありますか?

一部を除きほぼ全身にご利用頂けます。
ヒゲ、ワキ、腕、脚、Vライン、背中、お腹、ヒップなど、ほぼ全身にご利用頂けます。
※Iライン、Oラインにつきましては、利用者の感想が多数ネット上で見られますが、推奨はしておりませんが、多くの方が、ご自分の責任で行っているようです。Iライン、Oラインは多少処理できにくい部位ですので鏡などを使った方が処理しやすいと思います。

Q6.ヒゲ脱毛、顔脱毛もできますか?

はい、まったくもんだなく使うことができます。
ケノンは、男性、女性問わず、お顔にもご利用頂けますし、美顔器の機能も付いていますので
安心してお使いなれます。

Q7.使う前にジェルを塗る必要がありますか?

いいえ、まったく必要ありません。
ケノンはお肌への負担が少なく設計されております。その為、従来品と比較して熱さや痛みを感じ難く、ジェルなども必要ありません。
*但し、極度に敏感肌の方、お肌が弱い方は、お肌を冷やすことをお奨めします。
あとは、普段のお手入れとして保湿や肌へのいたわりがあれば、より効果的です。

Q8.まったくの初めてでも簡単に使えますか?

はい、とっても簡単です。ケノンは誰でも初めてでも簡単に操作できるように開発されました。
照射部を肌に当て、ボタンを押すだけです。専門的な技術や知識は必要ありません。 ケノンは、ご自宅でいつでも誰でも、エステレベルの脱毛を簡単にご利用頂ける画期的な商品です。

Q9.効果はすぐにでますか?

脱毛器は1回の処理ですぐ生えてこなくなるというものではありません。
毛根に多少毛が残りますので、毛周期の関係で継続的に処理をする必要があります。
処理を繰り返すことで、だんだんとけの生えてくる速度を抑えたり、永久脱毛とはいきませんので限りなく、毛根の毛を少なくすることができます。
効果は部位や毛の状態によって多少異なりますが、表面上、外見上はほとんどツルツル状態にできます。

Q10.肌トラブルは起こりませんか?

取り扱い書通りに行えば肌のトラブルは起こりません。
トラブルを感じている方もいるようですが、ほとんどが冷却しないとかいきなりレベル10で行ったなどの不注意です。
ケノンは、肌にやさしく作られていますから、敏感肌、乾燥肌、アトピーなどの方にも使えます。
医師の診断で肌に刺激を与えないように言われている方以外は安心して使えます。
使用上の注意についてはこちらも参考にして下さい。

Q11.脱毛器を使うときの注意点を教えてください。

Q10でもお伝えしましたが、取り扱い書をしっかりと読んで、注意事項を守ることが大切です。
ケノンは、安全の上にも安全に配慮して開発されていますが、やはり、肌に優しいとはいえ光の周波数を直接あてますので使用前後や使用中は特に注意して取り扱ってください。
取り扱い上の注意点についてはこちらを参考にして下さい。
また、ケノンを使う場合の基礎知識と準備についてはこちらをご覧ください。

Q12.子供でも使えますか?

まったく、問題がありません。家族で共有している方もたくさんおります。
エステなどでも小学生くらいから通う子もいます。ただ、大人と違って、毛の毛周期が遅くなっていますので2回目以降の脱毛は、大人より期間を離して毛の状態を見ながら無理せずに行うようにしてください。男の子にくらべて多少女の子のホルモンの関係で、早く毛が成長するため毛の成長具合を親御さんが、しっかりとチャックして行うようにしてください。

Q13.生理中も脱毛できますか?

一般的なお話として脱毛サロンでは、生理中は脱毛施術を行わないそうです。
予約している場合に生理になったら、予約の取り消しをしなければなりません。
脱毛サロンではできないということですが、家庭用脱毛器もできないかというとそうでもありません。
これも一般的な話で恐縮ですが、生理中は肌が正常な時と違い敏感になっています。

 

たとえば、低レベルでのムダ毛処理なら特に問題ないのですが、
肌の火傷や他の肌トラブルがある場合、生理中は事が大きくなり、けして良いことではありません。
まして、生理中は腕や脚ならともかく、Vラインや顔周辺の皮膚が弱い部位は施術しないことですね。
また、Vラインなどは衛生的にもよくありません。
敏感な部位であるだけでなく感染症その他の病気の因子が考えられますので脱毛はやめましょう。

 

敏感であるだけリスクも大きくなりますし、それだけ痛みや熱さが感じられます。
ひどい場合は火傷、皮膚感染、皮膚トラブルとあとあと問題が大きくなり、
かえってそちらの対処のほうで長く悩むことになりかねません。

 

さらに、生理中は体のホルモンバランスが悪く、炎症や肌トラブルが起こり易くなっています。
このホルモンバランスの悪さのため脱毛サロンでは、施術できないといわれています。
かといって、さきほども言いましたように絶対脱毛処理はだめということでもありません。
生理中は、他にもやらない方がよいことがたくさんありますが、その中のひとつに脱毛器を使った
ムダ毛処理があると考えいただきたいです。

 

レーザ―脱毛器は絶対に使わないようにしましょう。
光フラッシュタイプの光脱毛器でも、光エネルギーを皮膚に照射するためにできれば脱毛しない方がよいでしょう。生理のわずかな期間無理するより、安心して使える期間にしっかりとムダ毛処理を行った方がよいですね。
他のサイトなどで生理中でも大丈夫と書いてるものもありますが、
あくまで自己責任で行う必要があります。
脱毛器本体に関してはメーカーの責任といえますが、
それを使用する場合は、あくまで使う本人の自覚と意識の問題です。
あとあとの問題を考慮すれば、脱毛は生理が終わってからの方が安心できますね。

Q14.シミ、ほくろが多いですが大丈夫ですか?

家庭用脱毛器を使用するとき、シミやほくろが多い方でも大丈夫かという質問も多いです。
基本的にケノンでは、黒いほくろなどへの照射を推奨していません。
光照射では黒い個所の反応し火傷や炎症を起こす場合があるためです。
ケノンのような光脱毛器に限らず、トリアなどのレーザ―脱毛器でも黒いほくろなどは避ける必要があります。ごく小さなシミは問題ありません。そばかすなども大丈夫です。

 

 

最新の家庭用光脱毛器ケノンのQ&Aをよくご覧いただき、ムダ毛処理によるトラブルなどを
事前に防ぐように心がけたいものです。
トラブルは、使用者の不注意がほとんどです。すべて防ぐことができる事柄です。
ケノンの機能性、安全性の観点からもケノンは、安心してお使いいただける家庭用脱毛器です。

 

 

家庭用脱毛器ケノンは家電量販店では購入できません!

 

 

 

『女子スポーツ選手の家庭用脱毛器』トップページへ